ご近所侵入ACT『Hello, Neighbor!』キックスタート!創造力を刺激する一人称ステルス作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ご近所侵入ACT『Hello, Neighbor!』キックスタート!創造力を刺激する一人称ステルス作

ロシアのインディーデベロッパーDynamic Pixelsは、隣人のお宅に潜入する新作ステルスパズルゲーム『Hello, Neighbor!』のKickstarterを始動しました。

ゲーム文化 Kickstarter
ご近所侵入ACT『Hello, Neighbor!』キックスタート!創造力を刺激する一人称ステルス作
  • ご近所侵入ACT『Hello, Neighbor!』キックスタート!創造力を刺激する一人称ステルス作
  • ご近所侵入ACT『Hello, Neighbor!』キックスタート!創造力を刺激する一人称ステルス作
  • ご近所侵入ACT『Hello, Neighbor!』キックスタート!創造力を刺激する一人称ステルス作

ロシアのインディーデベロッパーDynamic Pixelsは、隣人のお宅に潜入する新作ステルスパズルゲーム『Hello, Neighbor!』のKickstarterを始動しました。

『Hello, Neighbor!』はその名の通り、「お隣さん」の家宅を舞台にした一人称視点のステルスアクションパズル。プレイヤーは「お隣さん」がひた隠す何らかの秘密を暴くため、智略を尽くして潜入に挑みます。しかしながら、智略を尽くすのは「お隣さん」も同様。敵キャラクターとなる彼はプレイヤーの戦略を学習し、対抗策を練りながら潜入を妨害してくるとのことです。


過去に公開されていたプレイ映像では、「お隣さん」の家に侵入するためのクリエイティブな攻略法を多数紹介。臨機応変なプレイが求められるゲーム性のみならず、コミカルながらもスリリングな逃走劇にも要注目です。



本作Kickstarterは11月5日までを期限として、10万ドルの資金調達を目標としています。正式リリースは2016年10月を予定。PC/PS4/Xbox Oneに向けて開発を進めています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  2. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

    海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

  3. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

    海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  4. チェルノブイリホラー『Chernobylite』のKickstarterが9日間で目標達成! 原発エリアの制作過程も披露

  5. 『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

  6. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  7. 『ペルソナ5』がリアル脱出ゲームに!「東京ミステリーパレスからの脱出」新宿にて2019年7月開催

  8. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  9. 『Fallout: New Vegas』およそ1万3,000点のテクスチャを高解像度にするテクスチャパックが公開

  10. アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

アクセスランキングをもっと見る

1
page top