『Hotline Miami 2』レベルエディターβ版が12月に配信決定―CS版リリース予定は無し | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Hotline Miami 2』レベルエディターβ版が12月に配信決定―CS版リリース予定は無し

バイオレンスかつ重厚な展開が魅力的な『Hotline Miami 2』を手掛けたDennaton Gamesより、同作のステージを作成できるレベルエディターが12月10日よりベータ配信予定であると発表されました。

ゲーム文化 インディーゲーム
『Hotline Miami 2』レベルエディターβ版が12月に配信決定―CS版リリース予定は無し
  • 『Hotline Miami 2』レベルエディターβ版が12月に配信決定―CS版リリース予定は無し
  • 『Hotline Miami 2』レベルエディターβ版が12月に配信決定―CS版リリース予定は無し

バイオレンスかつ重厚な展開が魅力的な『Hotline Miami 2』を手掛けたDennaton Gamesより、同作のステージを作成できるレベルエディターが12月10日よりベータ配信予定であると発表されました。Steam Workshopに対応した正式版のリリースは2016年1月上旬以降を予定。ベータ版においても手動導入でステージ共有を体験できるとのことです。公式ブログで明かされた詳しい仕様は以下の通りです。
  • ベータ版レベルエディターはSteam版のみ。
  • ベータ版はWindowsに向けて先行リリース。Mac/Linuxにも後日対応するがPS3/PS4/PS Vitaに向けては配信予定なし。
  • Steam Workshop対応はベータ開始時には非対応。手動ファイル操作でステージ共有は可能。
  • 招待無しで全ユーザーが利用可能。詳しい導入方法は配信日に告知予定。
  • 開始時から全コンテンツを利用可能。
  • 最終版レベルエディターへのデータ持ち越しは保証しない。
  • ベータ期間は12月から翌年1月上旬まで。
  • 外部トラックを読み込むミュージックエディターやストライプエディターは非実装。
  • ほとんどの機能をヘルプなしで使えると思うけど、ベータと共にチュートリアル映像も配信する。
  • Nigelはハンサム。
ちなみに“Nigel”はゲーム内のマスクやアチーブメンツにも登場する名称ですが、パブリッシャーDevolver DigitalのスタッフであるNigel Lowrie氏から由来しています。気になるご本尊はこちら。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  2. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

    海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  3. 『ペルソナ5』がリアル脱出ゲームに!「東京ミステリーパレスからの脱出」新宿にて2019年7月開催

    『ペルソナ5』がリアル脱出ゲームに!「東京ミステリーパレスからの脱出」新宿にて2019年7月開催

  4. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

  5. 『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

  6. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  7. 『Fallout: New Vegas』およそ1万3,000点のテクスチャを高解像度にするテクスチャパックが公開

  8. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  9. 海中を冒険するダイビングシム『Deep Diving Simulator』配信日決定!

  10. オリンピックメダリスト松田丈志氏がPR大使に! 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート

アクセスランキングをもっと見る

1
page top