堀井雄二、初代『ドラクエ』制作時の手書き資料を公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

堀井雄二、初代『ドラクエ』制作時の手書き資料を公開

ゲーム文化 カルチャー

堀井雄二、初代『ドラクエ』制作時の手書き資料を公開
  • 堀井雄二、初代『ドラクエ』制作時の手書き資料を公開
  • 堀井雄二、初代『ドラクエ』制作時の手書き資料を公開
国民的人気を誇るRPG『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親であり、また育ての親でもある堀井雄二氏。本シリーズにかける意欲やその成果は、今も昔も多くのゲームファンを惹きつけてきました。

最新作となる『ドラクエXI』への期待も高まるばかりですが、このたび堀井氏は自身のTwitterアカウントにて、シリーズの原点となった初代『ドラゴンクエスト』制作時に作った手書きの資料を公開しました。


1月15日に公開されたこの資料には、マップや人の配置、キャラクターが喋る台詞などが記載されており、「ああ ローラひめは いったい どこに・・・」など、幾度も目にしたメッセージの数々も飛び出しています。

これらの資料を公開したつぶやきには、既に3万を超えるリツイートと3万5千件を超える「いいね」が寄せられており(1月18日 11時時点)、この貴重な資料を目にすることができたユーザーの多くが、衝撃や感謝のコメントを残しています。

PS4や3DSといった、当時からでは考えられないほど高性能なハードで、『ドラクエXI』のリリースが予定されています。そんな最新作が生まれるのも、初代『ドラクエ』の1歩があったからこそ。当時遊んだ方は感慨と共に、また初代『ドラクエ』に触れていない方はシリーズが紡いだ歴史のひとつとして、この資料を記憶に刻んでみてはいかがでしょうか。

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

    e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

  2. ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

    ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

  3. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

    『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  4. 名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

  5. ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース

  6. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  7. スピルバーグ新作映画「Ready Player One」トレイラー初披露!壮大VRゲーム舞台

  8. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  9. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  10. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

アクセスランキングをもっと見る

page top