新作WW2FPS『Battalion 1944』のKickstarterプロジェクト開始―目標額10万英ポンド | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新作WW2FPS『Battalion 1944』のKickstarterプロジェクト開始―目標額10万英ポンド

ゲーム文化 Kickstarter

新作WW2FPS『Battalion 1944』のKickstarterプロジェクト開始―目標額10万英ポンド
  • 新作WW2FPS『Battalion 1944』のKickstarterプロジェクト開始―目標額10万英ポンド
  • 新作WW2FPS『Battalion 1944』のKickstarterプロジェクト開始―目標額10万英ポンド

英国のデベロッパーBulkhead Interactiveより発表された、PC/PS4/Xbox One向けの新作第二次世界大戦FPS『Battalion 1944』。本作のKickstarterプロジェクトが開始されました。

初代『Medal of Honor』や『Call of Duty 2』など第二次世界大戦FPSをプレイして育った開発者が手がける本作。Kickstarterプロジェクトの目標調達額は10万英ポンド(約1731万円)で、執筆時点では既に1万英ポンドを超える額を調達しています。

バッカープランには数量限定の13英ポンドから1500英ポンドまで用意されており、22英ポンドを除く全てのプランに早期アクセス権と製品版のSteamキーが付属。また、22英ポンド以上でコンソール版のゲームキーを受け取ることも可能なようですが、日本国内で受け取れるかは不明です。


最近では数少ない新作第二次世界大戦FPS『Battalion 1944』。M1ガーランドの特徴的な音、連射の効かないボルトアクションライフルでの銃撃戦、カランタンやバストーニュなどの有名な戦場……第二次世界大戦ファンの注目が寄せられる作品となりそうです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 入国審査シム『Papers, Please』映像化が進行中、強烈再現度の撮影風景もチラリ

    入国審査シム『Papers, Please』映像化が進行中、強烈再現度の撮影風景もチラリ

  2. 「第9地区」ブロムカンプ監督の新作ティーザー映像…第1弾は無料配信を予定

    「第9地区」ブロムカンプ監督の新作ティーザー映像…第1弾は無料配信を予定

  3. 『LoL』韓国選手Fakerの収入は100万ドル超、同作プロシーンで初のミリオン達成

    『LoL』韓国選手Fakerの収入は100万ドル超、同作プロシーンで初のミリオン達成

  4. 【現地レポ】『WoT』世界最強の栄冠を手にしたのは―モスクワ「The Grand Finals 2017」決勝戦

  5. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  6. 動画配信サービス「Beam」名称変更、「Mixer」へ

  7. 『DEATH STRANDING』は既にPS4で動作―小島監督がトライベッカで語る

  8. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. ソニーがE3 2017で「PlayStation E3 Media Showcase」を実施―様々な発表を期待!

アクセスランキングをもっと見る

page top