外国人がよくやるアレをゲーム化!『Bro Fist Simulator』―失敗すると指が飛ぶ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

外国人がよくやるアレをゲーム化!『Bro Fist Simulator』―失敗すると指が飛ぶ

ゲーム文化 インディーゲーム

外国人がよくやるアレをゲーム化!『Bro Fist Simulator』―失敗すると指が飛ぶ
  • 外国人がよくやるアレをゲーム化!『Bro Fist Simulator』―失敗すると指が飛ぶ
  • 外国人がよくやるアレをゲーム化!『Bro Fist Simulator』―失敗すると指が飛ぶ
  • 外国人がよくやるアレをゲーム化!『Bro Fist Simulator』―失敗すると指が飛ぶ
  • 外国人がよくやるアレをゲーム化!『Bro Fist Simulator』―失敗すると指が飛ぶ
  • 外国人がよくやるアレをゲーム化!『Bro Fist Simulator』―失敗すると指が飛ぶ

フィンランドのインディーデベロッパーMuro Studiosが手がける新作シミュレーター、『Bro Fist Simulator』がSteam Greenlightに投稿されています。本作は外国人が仲間同士のコミュニケーションとしてよくやる、拳同士をぶつけたりするアレをゲーム化した作品です。


5本の指がそれぞれキーに割り当てられており(2プレイヤー側はゲームパッドのボタン)、拳をぶつけた後に指で様々なサインを作ることでポイントが入ります。もし拳をぶつける際に指を出していると、スポーンと飛んでしまいます。プレイヤーはすべての指が無くなる前に多くのポイントを稼がなければなりません。


『Bro Fist Simulator』は元々Global Game Jam 2016向けに制作された作品であり、最終的なリリースバージョンでは貴金属による拳の装飾、新たな動き、実績など、クールな新要素が追加されるとのことです。Muro Studiosのサイトではブラウザで可能なデモ版が公開されているので、興味がある方はプレイしてみてはいかがでしょうか。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 入国審査シム『Papers, Please』映像化が進行中、強烈再現度の撮影風景もチラリ

    入国審査シム『Papers, Please』映像化が進行中、強烈再現度の撮影風景もチラリ

  2. 「第9地区」ブロムカンプ監督の新作ティーザー映像…第1弾は無料配信を予定

    「第9地区」ブロムカンプ監督の新作ティーザー映像…第1弾は無料配信を予定

  3. 『LoL』韓国選手Fakerの収入は100万ドル超、同作プロシーンで初のミリオン達成

    『LoL』韓国選手Fakerの収入は100万ドル超、同作プロシーンで初のミリオン達成

  4. 【現地レポ】『WoT』世界最強の栄冠を手にしたのは―モスクワ「The Grand Finals 2017」決勝戦

  5. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  6. 動画配信サービス「Beam」名称変更、「Mixer」へ

  7. 『DEATH STRANDING』は既にPS4で動作―小島監督がトライベッカで語る

  8. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. ソニーがE3 2017で「PlayStation E3 Media Showcase」を実施―様々な発表を期待!

アクセスランキングをもっと見る

page top