PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験

ゲーム機 VR

PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験
  • PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験
  • PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験
  • PS VR対応クライムFPSデモ『The London Heist』を「GAME ON」会場で体験

日本科学未来館で開催されているゲーム企画展「GAME ON」。本展では、PlayStation VR対応のデモ『The London Heist』(開発元:SCE Europe)をプレイすることが可能です。『The London Heist』では、手にした銃で追っ手を撃退しながら、ロンドンのハイウェイを駆け抜けるシューティングが楽しめます。PS VRがProject Morpheusと呼ばれていた昨年から一部で展示されていた作品ですが、「GAME ON」の会場であらためて体験してきたのでミニレポートをお届けします。

『The London Heist』の操作には、PlayStation Moveを使用します。しかし、トリガー以外のボタンは使用せず、ボタン操作はトリガーのみで行うことが可能です。トリガーを押すと手を握ることができ、車の中の飲み物をつかんだり、車のダッシュボードを開けたりすることができます。


ゲーム開始からしばらくすると、車を運転する相棒から銃が渡されます。右手で銃をつかんだ後に右指のトリガーを引くと、銃弾を発射します。弾がなくなった際には、ダッシュボードの中にある弾倉を左手でつかんで右手に近づけることにより、リロードができます。なお、スクリーンショットを確認するに、銃は左手で握ることも可能のようです。


特徴的なのは、PS VRならではの没入感。車の振動などを感じることはできないものの、視界に広がるのは助手席から見る景色そのものです。また、サイドドアを空けることができ、サイドドアを開けた隙間から車体後方を見ることもできます。

一方、気になったのは距離感がつかみにくいという点です。ダッシュボードの中にある弾倉をつかもうとしたら、ダッシュボードの蓋をつかんでしまうことがしばしばありました。また、射撃時やヒット時などにPS Moveの振動が対応していなかったのも、今後改善が望まれるポイントだと感じました。
《松木和成》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. Xbox新コントローラー「Xbox Adaptive Controller」正式発表! 幅広いゲーマーをサポート

    Xbox新コントローラー「Xbox Adaptive Controller」正式発表! 幅広いゲーマーをサポート

  2. Valve、「SteamVR 入力システム」ベータ版をリリース、コントローラー間の違いを吸収できるように

    Valve、「SteamVR 入力システム」ベータ版をリリース、コントローラー間の違いを吸収できるように

  3. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

    セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  4. スローモーFPS『SUPERHOT VR』リリース!VRでスタイリッシュアクション

  5. PC版『The Crew』の動作環境が公開、NVIDIAの技術による視覚効果も紹介

  6. AverMedia新型キャプチャデバイス「LGX GC550」をレビュー。ビギナーにもコアユーザーにもオススメの最上位機種!

  7. 煙や液体のリアルな表現を可能にする「PhysX FleX」技術デモ映像

  8. BenQ、144Hz駆動/DyAc搭載24.5インチゲーミングディスプレイ「XL2536」を2月23日に発売

  9. 幻想的風景を見渡すVR探索ゲーム『MARE』プレイレポ―積乱雲の存在感がスゴい…【BitSummit Vol.6】

  10. 『カスタムオーダーメイド3D2』にVTuber実現機能「バーチャルアバタースタジオ」追加!―ただし現時点では18歳未満は利用禁止・収益化も不可

アクセスランキングをもっと見る

page top