国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

CESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、2015年のゲーム利用などに関する調査結果をまとめた報告書「2016CESA一般生活者調査報告書 ~日本ゲームユーザー&非ユーザー調査~」を発刊しました。

ニュース ゲーム業界
国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書
  • 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書
  • 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書
  • 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書
CESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、2015年のゲーム利用などに関する調査結果をまとめた報告書「2016CESA一般生活者調査報告書 ~日本ゲームユーザー&非ユーザー調査~」を発刊しました。

「2016CESA一般生活者調査報告書 ~日本ゲームユーザー&非ユーザー調査~」では、日本全国に在住する3~79才の一般生活者を対象に調査を実施。有効回収数2,869サンプルの調査結果をもとに全人口へ拡大推計した数値で、「CESAゲーム白書」の基礎データとなる「一般消費者のゲーム利用・ライフスタイル」に関する調査結果をまとめた内容が掲載されています。


◆ゲーム人口は「スマホ/タブレット用ゲーム」プレイヤーがトップ

「家庭用ゲーム」「パソコン用ゲーム」「スマートフォン/タブレット用ゲーム」「携帯電話用ゲーム」「アーケードゲーム」のいずれかを継続してプレイしているユーザーを調べたところ、全体の人数は4,336万人という結果となりました。また5つのハードウェア別に継続プレイヤーを比較すると「スマートフォン/タブレット用ゲーム」継続プレイヤーが最も多く、3,099万人と推計されています。

他のゲーム専用機に比べて、他の用途の“ついで”としてプレイできる「パソコン用ゲーム」や「スマートフォン/タブレット用ゲーム」。特に「スマートフォン/タブレット用ゲーム」は、基本プレイ無料で、毎日楽しめるスタイルを提案しているタイトルも非常に多く、生活のちょっとした合間にプレイするスタイルが確立されているのかもしれません。“毎日少しずつプレイ”する「スマートフォン/タブレット用ゲーム」と、“腰を据えてガッツリプレイ”する「家庭用ゲーム」で、“プレイ方法の棲み分け”が進んでいることがうかがえる結果となりました。

◆家庭用ゲーム機所有者は5,224万人、継続プレイヤーは1,539万人

自宅に家庭用ゲーム機を所有している人を「家庭用ゲーム機所有者」、家庭用ゲーム機をプレイする人を「家庭用ゲームアクティブユーザー」、家庭用ゲームを継続的にプレイしている人を「家庭用ゲーム継続プレイヤー」と定義し、分類。その結果「家庭用ゲーム機所有者」は5,224万人、「家庭用ゲームアクティブユーザー」は3,200万人、「家庭用ゲーム継続プレイヤー」では1,539万人という結果となりました。

各家庭用ゲームハードメーカーはゲーム機の「稼働率」の向上をひとつの課題として挙げることが多く、今回の結果から“家庭用ゲーム機を持っているが、ほとんど遊んでいない”という層がかなり多いという現状が見えてきます。各家庭用ゲームハードメーカーにとって、いかにユーザーにゲーム機を稼働してもらうか、稼働させるための魅力的なソフト・コンテンツを供給できるかという点もひとつの指標となりそうです。

◆家庭用ゲーム機プレイ率、トップはニンテンドー3DS

自宅にある家庭用ゲーム機について、どの機種を保有しているかという質問に対し、保有率1位となったのは「ニンテンドーDS」で26.8%(2014年調査:30.8%)、2位は「ニンテンドー3DS」で25.5%(2014年調査:23.1%)という結果になりました。任天堂の携帯ゲーム機が存在感を示すと同時に、現在では旧世代機にあたるニンテンドーDSから、現行機のニンテンドー3DSへと少しずつシェアが推移していることがわかります。

また、回答者自身がプレイするゲーム機種(プレイ率)をたずねたところ、1位は「ニンテンドー3DS」で、13.3%(2014年調査:12.7%)となりましたが、2位は意外にも「Wii」で11.9%(2014年調査:13.2%)という結果になりました。爆発的に普及したWiiも現在では旧世代機となり、全盛期ほどの力はないものの、生活スタイルに密着するような息の長いソフトがプレイされているのかもしれません。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ユーザーのゲームに対するさまざまなデータが掲載されている「2016CESA一般生活者調査報告書」。小売店の方や業界関係者の方はもちろん、ゲームユーザーの動向に興味がある方もぜひチェックしてみてください。

    ■2016CESA一般生活者調査報告書 ~日本ゲームユーザー&非ユーザー調査~
    ・発売日:2016年3月22日(火) 好評発売中
    ・価格:6,480円(税込)
    ・取扱店:全国の政府刊行物取扱書店など

記事提供元: インサイド
《インサイド》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

    PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

  2. スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

    スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

  3. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

    PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  4. Googleが新ゲーミングプラットフォーム「Stadia」を発表!あらゆるデバイスからゲームがプレイ可能

  5. 戦略SLGシリーズ最新作『タイニーメタル 虚構の帝国』国内スイッチ向けに2019年春発売!

  6. リメイク版『System Shock』20分超えのプレアルファ版プレイ映像―仄暗い宇宙ステーションで…

  7. 『Apex Legends』新レジェンド「オクタン」の詳細が判明―義足のアドレナリンジャンキー

  8. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  9. ステルスシューター『Project I.G.I.』新作『I.G.I. - Origins』発表―16年ぶりの復活

  10. 『Phoenix Point』Epic Gamesストア時限独占の裏側がわずかに判明―“最低保証金”の存在が示唆

アクセスランキングをもっと見る

1
page top