『Pinata』や『Banjo』は?世界に通じるゲーム作りとは…Rare社ロングインタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Pinata』や『Banjo』は?世界に通じるゲーム作りとは…Rare社ロングインタビュー

家庭用ゲーム Xbox360



5年前に当時の開発会社としては、過去最高額となる3億7700万ドル(約450億円)でMicrosoft資本に入ったイギリスのRare社。

MSの戦略タイトルとして大ヒットにこそつながらなかったものの、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=pinata&kcatid=]Viva Pinata[/url](あつまれ!ピニャータ)の評判以降、ゲーム人口拡大の流れもあって再びこのデベロッパーに海外のスポットライトが当たっているようです。メディア嫌いという話もある彼らですが、最近[url=http://www.gamesindustry.biz/content_page.php?aid=23809]GamesIndustry.biz[/url]のインタビューに答えてくれました。



* * * * * * * * *



[size=x-small]ゲームは好評だったものの、完全にGears of Warの影に埋もれてしまった昨年のViva Pinata[/size]


「私たちは確かに、より多くの売り上げを望みます。しかしゲームの出来には満足し、そしてとても気に入ってもらえました」


プロダクション部門のトップ、Lee Schuneman氏はViva Pinataについて始めます。


「このゲームが獲得した広い支持を、私たちは嬉しく思っています。フランチャイズには、ゲームやTV番組、それにたくさんの反響がありました。これで、もしもセールスが期待に届いたなら、まるで月にも飛んでいくような気持ちでしょう。そうはなりませんでしたが、しかしそれは、シリーズの力を信じていないわけではありません」

「TVの方は、北米でとても良い反響でした。英国でも放送が始まり、残りのヨーロッパでも今年後半に予定されています。2年や3年のプッシュとなるでしょうから、今からこれ以上言うのは早すぎます」

[size=x-small]昨年公開されたBanjo Threeie(スリーィー。仮題)X06トレイラー。続報はまだ?[/size]


「今度のゲームは、オリジナルのBanjo Kazooieを作ったチームがやっています。ディレクターのGregg Maylesは、Banjo Tooie(2作目)と同じ役割にいます。彼が熱心にオリジナルの雰囲気を保ってくれていますが、また一方で興味深い完全に新しいなにかももたらしてくれます。誰もが予想外の、とても違ったものになる要素を用意しています」


Rareのゲームには、いつも独特のスタイルがあります。彼らのゲームであることを知るのに、あなたはタイトル画面を見る必要はありません。業界において他のゲームとの差別化で苦しむタイトルがある中、明白な独自のセンスや確固とした哲学を持つことは重要です。しかし、それはスタッフ達が広い観衆ではなく自分自身のためにゲームを作ってしまう恐れはありませんか?


「ここ10年、15年間全てのRareのゲームを振り返ったとき、私達はいつも地方の真ん中にいることを楽しみました。これまで作ってきたどのゲームでも、"これはアメリカ向け"だとか、"これは日本向け"だとか考えたことはありません」

[size=x-small]イングランド中央部、レスターシャー州の広大な田園風景の中に建つRare本社[/size]


「単にいつも(世界中の)一番大きなマーケットが欲しいと、私たちは考えていました。これこそがNintendoでやってきたことですし、それは現在でも完全に同じです。私達は、イギリスの、アメリカの、そしてヨーロッパの、日本の消費者がみんな欲しいです」

「我々は、決して"ワールドワイドな製品を作ろう!"とは考えません。しかし、我々の考えるデザインへのアプローチ、ゲームプレイやフィーリングへのアプローチは、常により多くの人へのアピールということについて考えられています」

「僕らはイギリスの、ユーモアのセンスあるゲーム作りの伝統を受け継いでいます。一方で、日本のMANGAやNES、SNES(ファミコン、スーパーファミコン)のゲームで成長しました。そういうミックスによって私たちは、ワールドワイドにアピールできるゲームを作れているのです」

「そして、それこそがRareの魅力のひとつなんです」
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamesindustry.biz/content_page.php?aid=23809]GamesIndustry.biz: "Rare on Viva Pinata's performance and the next Banjo-Kazooie title"[/url])[/size]

【関連記事】
『あつまれ!ピニャータ』サポートは2〜3年継続、新作か続編か?@GDC 07
『Jetpac Refuelled』XBLAで3月28日に配信予定、ムービー2本
発売直前!海外レビューハイスコア番外編『あつまれ!ピニャータ』

『Lost Odyssey』や日本の360は?FF?GoW!?坂口博信氏ロングインタビュー
クローバーは種に還る…新会社『SEEDS』誕生が海外でも話題に
20周年!『Metal Gear Solid 4』小島秀夫氏が新しいゲームコンセプトを語る
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 恐怖の森サバイバル『The Forest』PS4版は2018年リリース!―トレイラーやプレイ映像も

    恐怖の森サバイバル『The Forest』PS4版は2018年リリース!―トレイラーやプレイ映像も

  2. 『モンスターハンター:ワールド』新大陸のストーリーに迫る最新映像! ヴォルガノスやウラガンキンが登場─あのロックマンも!?

    『モンスターハンター:ワールド』新大陸のストーリーに迫る最新映像! ヴォルガノスやウラガンキンが登場─あのロックマンも!?

  3. LBP開発新作『Dreams』はゲームの皮をかぶった最強のクリエイティブツールだった!開発者セッションレポ【PSX】

    LBP開発新作『Dreams』はゲームの皮をかぶった最強のクリエイティブツールだった!開発者セッションレポ【PSX】

  4. VR対戦型シューター『Firewall Zero Hour』プレイレポ―究極のゴッコ遊びを堪能【PSX17】

  5. 『Ghost of Tsushima』は正式発表前に漏れていた!? 取材写真も披露されたPSXパネル映像【PSX 17】

  6. VR×横スクロールは奇跡的な相性の良さ!PS VR『Star Child』を体験【PSX 17】

  7. 『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】

  8. PSVR『人喰いの大鷲トリコVR Demo』12月14日より無料配信!

  9. ダクソライクARPG『Immortal: Unchained』はTPSの新境地?PSX会場でデモをプレイ【PSX 17】

  10. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top