海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」

ゲーム文化 カルチャー

海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」
  • 海外版『MGS』初代スネーク声優が裏話披露―「再び小島監督のために働く必要は無い」

METAL GEAR SOLID』シリーズの海外版で主人公スネークを演じたDavid Hayter氏が、海外メディアGame InformerのPodcastにて、同シリーズの裏話を明かしました。

Hayter氏は、『METAL GEAR SOLID』シリーズのナンバリングタイトル(1~4)や『METAL GEAR SOLID:Peace Walker』のほか、PSP『METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS』などのスピンオフ作品でスネークを演じた俳優として知られています。

同氏によれば、2005年発売の『METAL GEAR SOLID 3: SNAKE EATER』の際、再オーディションを受けなければならなかったとのこと。その理由については明らかになっていないもののHayter氏は、シリーズの英語キャスティング・ボイスディレクターのKris Zimmerman氏より、他の人への置き換えが望まれている、と聞いたことを語っており、また小島監督はカート・ラッセルにもスネーク役を打診。結果的に断られていた、と説明しています。

また、Hayter氏はキーファー・サザーランドがスネークを演じた最新作『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』とその前日譚『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』をプレイしたか、というファンの質問に対し、屈辱的な60時間になるためやりたくない、とする旨の返答を行っています。

そして最後には、「小島監督のことを尊敬しているし、素晴らしいゲームメーカーだ」、としたうえで、「彼の人となりは知らないし、ビジネスマンとしては感心できなかった」と語るHayter氏。今後の小島監督との仕事については「小島監督に対して特別な愛情は持っていないし、再び彼のために働く必要は無い」と話しました。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 122 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

    e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

  2. ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

    ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

  3. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

    『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  4. 名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

  5. ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース

  6. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  7. スピルバーグ新作映画「Ready Player One」トレイラー初披露!壮大VRゲーム舞台

  8. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  9. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  10. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

アクセスランキングをもっと見る

page top