第二次大戦RTS『R.U.S.E』が兵器ライセンス満了のためSteam販売終了―開発者も把握せず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

第二次大戦RTS『R.U.S.E』が兵器ライセンス満了のためSteam販売終了―開発者も把握せず

Eugen Systemsの代表作でUbisoftがパブリッシャーを務めている第二次大戦RTS『R.U.S.E』。昨年末より本作の販売がSteam等で中止、公式サイトも削除されている件について「ライセンス上の問題」であることが明らかになりました。

PC Windows
第二次大戦RTS『R.U.S.E』が兵器ライセンス満了のためSteam販売終了―開発者も把握せず
  • 第二次大戦RTS『R.U.S.E』が兵器ライセンス満了のためSteam販売終了―開発者も把握せず
Eugen Systemsの代表作でUbisoftがパブリッシャーを務めている第二次大戦RTS『R.U.S.E』。昨年末より本作の販売がSteam等で中止、公式サイトも削除されている件について「ライセンス上の問題」であることが明らかになりました。

本作は2010年に発売された、第二次世界大戦がテーマのリアルタイムストラテジー作品。日本国内でもPS3/Xbox 360向けにリリースされており、コアなファンを獲得していました。

『R.U.S.E』の販売停止、および公式サイトの削除が判明したのは2015年12月のこと。Eugen Systemsのフォーラムにはユーザーからの報告が上がっていましたが、開発側からは「Ubisoftのために開発したもので『R.U.S.E』の権限を持っていない」とした上で、「何がおきているのか見当もつかない」と報告していました。

海外メディアPCgamesNが伝えたUbisoftの声明によると、「ゲーム内の特定のミリタリーアイテムのライセンス権が満了したため、『R.U.S.E』の販売を停止した」とのこと。また、既にライブラリ内にゲームを所持しているプレイヤーには影響しないと伝えています。

なお、国内コンソール版における販売についての情報は今のところ発表されておらず、現時点では公式サイトも健在です。


『R.U.S.E』ローンチトレイラー
《水京》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. オリジナル版との比較映像も!『グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版』発売日発表&予約開始

    オリジナル版との比較映像も!『グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版』発売日発表&予約開始

  2. “圧倒的に不評”からの巻き返しを目指す『eFootball 2022』10月28日に予定していたアップデートを11月上旬に延期

    “圧倒的に不評”からの巻き返しを目指す『eFootball 2022』10月28日に予定していたアップデートを11月上旬に延期

  3. 新たなバイオームやゲコッと鳴く生物が!?『マインクラフト』新アップデート「The Wild Update」発表

    新たなバイオームやゲコッと鳴く生物が!?『マインクラフト』新アップデート「The Wild Update」発表

  4. アクアリウム制作シム『Aquarium Designer』Steamにて配信開始!エンゼルフィッシュ、ベタ、金魚など可憐な魚がずらり

  5. 『Valheim』大型アプデ「Hearth & Home」の“次”はどうなる!?今後の検討内容一部明らかに

  6. 『スカイリムAE』Mod環境の一部未対応が明らかに―コミュニティではファイルのバックアップも推奨

  7. WW2ストラテジー『Hearts of Iron IV』新DLC「No Step Back」11月24日発売―ソビエトの政治を反映したゲームシステム追加

  8. 美しくて、とても不気味。『Tandem:影の物語』PC向け配信開始―少女とテディベアのヴィクトリア時代風パズルACT、国内PS4/スイッチ版は11月予定

  9. これがハクスラトレハン宇宙4XアクションRPGだ!『Drox Operative 2』正式版配信開始

  10. 『テラリア』と『Don't Starve Together』がコラボアップデートを示唆!2つのGIFアニメーションが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top