『Battlefield 1』WW1は当初否定されていた―EA開発ボス「塹壕戦は楽しくない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Battlefield 1』WW1は当初否定されていた―EA開発ボス「塹壕戦は楽しくない」

EA DICEが開発するシリーズ最新作『Battlefield 1』。第一次世界大戦がテーマとなることが発表され話題を集めていますが、EA開発スタジオのボスであるPatrick Soderlund氏が投資家向けのブリーフィングにて、時代設定を決定した興味深い経緯を語りました。

家庭用ゲーム PS4
『Battlefield 1』WW1は当初否定されていた―EA開発ボス「塹壕戦は楽しくない」
  • 『Battlefield 1』WW1は当初否定されていた―EA開発ボス「塹壕戦は楽しくない」
EA DICEが開発するシリーズ最新作『Battlefield 1(バトルフィールド1)』。第一次世界大戦がテーマとなることが発表され話題を集めていますが、EA開発スタジオのボスであるPatrick Soderlund氏が投資家向けのブリーフィングにて、時代設定を決定した興味深い経緯を語りました。

Soderlund氏は当初開発チームから提案された「第一次世界大戦」というテーマを「塹壕戦であり、プレイして楽しいものではない」強く否定したとのこと。一方で、業界他社はSFとなることが予想されており、「我々は近代的な軍事的空間で多くの成功を持っていたが、それを変更する必要があったと感じていた」と語っています。

「第一次世界大戦が最適な選択ではなかった」と考えていたSoderlund氏ですが、今は第一次世界大戦という設定が「EAとフランチャイズにとって最適なこと」という確信があるとのこと。また、『Battlefield 1』発表時に公開されたトレイラーが多くの成功を収めていると語りながらも、重要なのはこれまで通り『Battlefield』が体験できるという約束を果たすことであると伝えています。

第一次世界大戦という舞台はAAA級FPSでは未踏の地。新しい設定に挑戦するというのは確かに冒険的な事であり、Soderlund氏が当初イメージしたように塹壕戦は地味で面白くないのではないか、という意見も一定数あります。しかしながら、その意見を翻して「最適」とまで言わしめたことは、「楽しい」と思わせる説得力を持った提案がDICEより行われたと考えられるのではないでしょうか。

『Battlefield 1』はPC/PS4/Xbox Oneにて2016年10月21日に全世界同時発売を予定しています。
《水京》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本

    リニューアルする「PS Plus」の追加タイトルが豪華過ぎ! 実際にプレイした体験からお勧めできる名作6本

  2. アップグレード時のセール分請求は“不具合”…「PS Plus」新プランについて公式が声明

    アップグレード時のセール分請求は“不具合”…「PS Plus」新プランについて公式が声明

  3. 「PS Plus」新プラン、セール価格で購入したユーザーに気になる報告が海外から―果たして実態は…?

    「PS Plus」新プラン、セール価格で購入したユーザーに気になる報告が海外から―果たして実態は…?

  4. 『百英雄伝』スイッチ版発売について正式に再告知―目を見せない美少女「ノエル」のイラストも公開

  5. 小さな町から大王国へ!町づくりシム『タウンズメン キングダムリビルト コンプリートエディション』スイッチ向けに発売

  6. 「PS5」の販売情報まとめ【5月26日】―ソニーGがPS5の生産大幅増強に言及、供給不足の解消なるか

  7. PS5/PS4日本語パッケージ版『Five Nights at Freddy's: Security Breach』発売!

  8. ポケモン風MMORPG『Temtem』PS5/XSX|S/スイッチ/PC向けに現地時間9月6日正式リリース!

  9. PS5の機能が徹底活用された『ホグワーツ・レガシー』新トレイラー公開―コントローラが魔法の杖になる!

  10. 『モンハンライズ:サンブレイク』ダウンロードカード各種が5月30日より販売開始!購入者特典や豪華抽選プレゼントも

アクセスランキングをもっと見る

page top