『Battlefield 1』WW1は当初否定されていた―EA開発ボス「塹壕戦は楽しくない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Battlefield 1』WW1は当初否定されていた―EA開発ボス「塹壕戦は楽しくない」

EA DICEが開発するシリーズ最新作『Battlefield 1』。第一次世界大戦がテーマとなることが発表され話題を集めていますが、EA開発スタジオのボスであるPatrick Soderlund氏が投資家向けのブリーフィングにて、時代設定を決定した興味深い経緯を語りました。

家庭用ゲーム PS4
『Battlefield 1』WW1は当初否定されていた―EA開発ボス「塹壕戦は楽しくない」
  • 『Battlefield 1』WW1は当初否定されていた―EA開発ボス「塹壕戦は楽しくない」
EA DICEが開発するシリーズ最新作『Battlefield 1(バトルフィールド1)』。第一次世界大戦がテーマとなることが発表され話題を集めていますが、EA開発スタジオのボスであるPatrick Soderlund氏が投資家向けのブリーフィングにて、時代設定を決定した興味深い経緯を語りました。

Soderlund氏は当初開発チームから提案された「第一次世界大戦」というテーマを「塹壕戦であり、プレイして楽しいものではない」強く否定したとのこと。一方で、業界他社はSFとなることが予想されており、「我々は近代的な軍事的空間で多くの成功を持っていたが、それを変更する必要があったと感じていた」と語っています。

「第一次世界大戦が最適な選択ではなかった」と考えていたSoderlund氏ですが、今は第一次世界大戦という設定が「EAとフランチャイズにとって最適なこと」という確信があるとのこと。また、『Battlefield 1』発表時に公開されたトレイラーが多くの成功を収めていると語りながらも、重要なのはこれまで通り『Battlefield』が体験できるという約束を果たすことであると伝えています。

第一次世界大戦という舞台はAAA級FPSでは未踏の地。新しい設定に挑戦するというのは確かに冒険的な事であり、Soderlund氏が当初イメージしたように塹壕戦は地味で面白くないのではないか、という意見も一定数あります。しかしながら、その意見を翻して「最適」とまで言わしめたことは、「楽しい」と思わせる説得力を持った提案がDICEより行われたと考えられるのではないでしょうか。

『Battlefield 1』はPC/PS4/Xbox Oneにて2016年10月21日に全世界同時発売を予定しています。
《水京》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS Plus11月の提供コンテンツとPS5向け新特典「PlayStation Plusコレクション」「ゲームヘルプ」の情報を公開

    PS Plus11月の提供コンテンツとPS5向け新特典「PlayStation Plusコレクション」「ゲームヘルプ」の情報を公開

  2. 任天堂「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.10」発表内容ひとまとめ

    任天堂「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.10」発表内容ひとまとめ

  3. PlayStationAppアップデート配信! PS5向けの新たな機能も搭載

    PlayStationAppアップデート配信! PS5向けの新たな機能も搭載

  4. シリーズ完全新作『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』スイッチ向けに2021年2月25日発売! 新要素「開拓」でより自由度の高いスローライフが楽しめる

  5. Xbox Series X|Sも編集部に到着!まずは起動前の本体をチェック

  6. シリーズ最新作『ブレイブリーデフォルトII』2021年2月26日発売決定! 約4分に及ぶ最新映像も公開

  7. HDリマスター版『ノーモア★ヒーローズ』シリーズ2作がニンテンドースイッチで配信開始―『ノーモア ヒーローズ3』最新映像も公開

  8. 『No Man's Sky』がPS5/Xbox Seriesの発売と同時にリリース!―前バージョン所有者は無料アップグレード

  9. PS5のロンチCMが公開!―「進め、鼓動の高鳴るほうへ。進め、無限の進化のその先へ」

  10. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』体験版配信!―第1章までプレイでき製品版へセーブデータの引継ぎが可能

アクセスランキングをもっと見る

page top