VRアトラクション日本上陸!自分の足で動き回り、自分の手でトリガーを引く6人同時プレイ型シューティング | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

VRアトラクション日本上陸!自分の足で動き回り、自分の手でトリガーを引く6人同時プレイ型シューティング

セガ・ライブクリエイションは、テーマパーク「東京ジョイポリス」の新アトラクションに関する情報を公開しました。

ゲーム機 VR
VRアトラクション日本上陸!自分の足で動き回り、自分の手でトリガーを引く6人同時プレイ型シューティング
  • VRアトラクション日本上陸!自分の足で動き回り、自分の手でトリガーを引く6人同時プレイ型シューティング
  • VRアトラクション日本上陸!自分の足で動き回り、自分の手でトリガーを引く6人同時プレイ型シューティング
セガ・ライブクリエイションは、テーマパーク「東京ジョイポリス」の新アトラクションに関する情報を公開しました。

「東京ジョイポリス」は、1996年にオープンした屋内型テーマパークです。2016年に20周年を迎えることを記念し、新たなアトラクションが導入されるほかコラボイベントなどが実施。今回は、2016年7月から登場するVRアトラクションに関する情報が公開されています。

◆新VRアトラクション
■『ZERO LATENCY VR(ゼロ レイテンシー ヴィーアール)』

『ZERO LATENCY VR』はオーストラリアのゼロ・レイテンシー社が開発したVRアトラクションで、「フリーローム」によりプレイヤー自身が能動的に動くことが可能。ゲームは6人同時協力プレイで進行します。既にお伝えしている通り、本作はメルボルンにて約1年間β版の営業を実施。いち早くVRを導入したアトラクションとあって大きな話題になりました。



なお、フリーロームによる6人同時プレイのアトラクションは世界初であり、東京ジョイポリスが国内初導入となります。

・ジャンル:シューティングゲーム
・公式サイト:http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/index.html

■『VR 生き人形の間』

『VR 生き人形の間』は、VR技術を活用したホラーアトラクションゲームです。ヘッドマウントディスプレイにより360度空間のお化け屋敷を体験できるといった内容となっており、テーマは誰もが恐れを抱く「人形」となっています。

・ジャンル:ホラーアトラクション
・公式サイト:http://tokyo-joypolis.com/attraction/3rd/vrningyo.html

◆公式Twitterアカウント
なお、2016年6月7日より、東京ジョイポリスのVR情報発信Twitter(@Joypolis_VR)が公開されています。こちらでは最新情報が随時発表されるとのこと。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

(C)SEGA LIVE CREATION
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 新小型コンピュータ「Raspberry Pi 4」登場!―大幅スペックアップ、デュアル4Kサポートも

    新小型コンピュータ「Raspberry Pi 4」登場!―大幅スペックアップ、デュアル4Kサポートも

  2. ついに「PCエンジン mini」発売決定!32年の時を経て懐かしの人気ハードが帰ってくる

    ついに「PCエンジン mini」発売決定!32年の時を経て懐かしの人気ハードが帰ってくる

  3. 「nasne」の出荷が終了へ…PS4やPC等でテレビ番組が録画・視聴できるネットワークレコーダー

    「nasne」の出荷が終了へ…PS4やPC等でテレビ番組が録画・視聴できるネットワークレコーダー

  4. 幻想的な空気感を大幅強化!PC版『CONTROL』レイトレーシング有効時のプレイ動画が公開

  5. 爆乳美少女シューター『閃乱カグラ Peach Beach Splash』PC版がVR対応!セールも開催に―アンチチート“VAC”も実装

  6. VR対戦シューター『Space Junkies』発売開始―銃弾飛び交うアリーナで最強スペースファイターを目指せ

  7. インテル、第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」発表―グラフィック性能は最大2倍に

  8. 80年代ノスタルジー満載の新作VRゲーム『Duck Season』配信開始!―スピルバーグ的ホラー作品

  9. 安価なウェアラブルVR歩行デバイス「WalkOVR」Kickstarter開始―スタートから4時間余りで目標達成

  10. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」E3トレイラー!『オーバーウォッチ』『Cuphead』などのプレイシーンも

アクセスランキングをもっと見る

page top