『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は…

先日にスクールバッグを同梱した豪華限定版と共に海外発売が報じられた『ペルソナ5』ですが、その海外通常版ボックスアートのレイアウトが日本版から若干の変更があり、海外ファンの間でちょっとした議論を呼んでいたようです。

家庭用ゲーム PS4
『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は…
  • 『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は…
  • 『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は…
  • 『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は…
先日にスクールバッグを同梱した豪華限定版と共に海外発売が報じられた『ペルソナ5』ですが、その海外通常版ボックスアートのデザインが日本版から若干の調整があり、海外ファンの間でちょっとした議論を呼んでいたようです。

これはボックスアート左下に位置する女性キャラクター「高巻杏」が日本版では胸元まで描かれていたのに対し、海外版では黒猫のモルガナが胸元を覆うような配置に変更されているというもの。


日本版ボックスアート


北米版ボックスアート

海外ユーザーからは近年の『零 ~濡鴉ノ巫女~』の水着コスチューム削除や、『ブレイブリーセカンド』のゲーム内モデルの肌露出度変更、ひいては『DOA Xtreme 3』の欧米発売見送りなどと同様に、またも日本製ゲームの表現規制かと嘆く声も囁かれていたようですが、実際のところ今回のケースに関しては表現規制ではないシンプルな事情が隠されていたようです。

というのもその理由を説明するAtlus USA PRマネージャーのJohn Hardin氏によると、レイアウト変更はESRBのアイコンがCEROよりも一回り大きい為、モルガナの顔を隠れない位置に調整する必要があったとのこと。その結果、意図せずに胸元を覆うレイアウトになっていた、というのが事の真相のようです。海外ファンの方も安易な規制でないとわかり、胸をなでおろしたかもしれません。……とはいえ隠れている事実に変わりはないので、オリジナル版の方が良いというファンも少なからずいる事は間違いなさそうです。
《Round.D》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 19 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』リーパーの超イケてる「呂布」スキン公開!次期イベントから追加

    『オーバーウォッチ』リーパーの超イケてる「呂布」スキン公開!次期イベントから追加

  2. 宇宙忍者ARPG『Warframe』各機種アカウントの統一を将来の予定として示唆―新フレーム情報なども

    宇宙忍者ARPG『Warframe』各機種アカウントの統一を将来の予定として示唆―新フレーム情報なども

  3. PS VR向けFPS『Firewall Zero Hour』週末無料プレイ開催!最大50%オフセールやアイテム無料配布も

    PS VR向けFPS『Firewall Zero Hour』週末無料プレイ開催!最大50%オフセールやアイテム無料配布も

  4. 【吉田輝和の絵日記】見下ろし型ARPG『シャドー:アウェイクニング』魂を吸収して仲間を増やせ!

  5. 『Fallout 76』次回パッチの一部内容が公開!初の大型コンテンツは今後数週間内に実装予定【UPDATE】

  6. 『キングダム ハーツIII』発売まで秒読み!新要素をまとめておさらいしよう

  7. ニンテンドースイッチの2018年ソフトDL数ランキングが公開―年末に登場したあの作品が1位に!

  8. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. 『ディビジョン2』ダークゾーンの国内向け詳細情報が新トレイラーと共に公開!

  10. 『バトルフィールド V』チャプター2:「電撃の洗礼」近日公開!Co-opやバトロワも紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top