『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は…

先日にスクールバッグを同梱した豪華限定版と共に海外発売が報じられた『ペルソナ5』ですが、その海外通常版ボックスアートのレイアウトが日本版から若干の変更があり、海外ファンの間でちょっとした議論を呼んでいたようです。

家庭用ゲーム PS4
『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は…
  • 『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は…
  • 『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は…
  • 『ペルソナ5』海外版ボックスアートは谷間規制!?―しかし真相は…
先日にスクールバッグを同梱した豪華限定版と共に海外発売が報じられた『ペルソナ5』ですが、その海外通常版ボックスアートのデザインが日本版から若干の調整があり、海外ファンの間でちょっとした議論を呼んでいたようです。

これはボックスアート左下に位置する女性キャラクター「高巻杏」が日本版では胸元まで描かれていたのに対し、海外版では黒猫のモルガナが胸元を覆うような配置に変更されているというもの。


日本版ボックスアート


北米版ボックスアート

海外ユーザーからは近年の『零 ~濡鴉ノ巫女~』の水着コスチューム削除や、『ブレイブリーセカンド』のゲーム内モデルの肌露出度変更、ひいては『DOA Xtreme 3』の欧米発売見送りなどと同様に、またも日本製ゲームの表現規制かと嘆く声も囁かれていたようですが、実際のところ今回のケースに関しては表現規制ではないシンプルな事情が隠されていたようです。

というのもその理由を説明するAtlus USA PRマネージャーのJohn Hardin氏によると、レイアウト変更はESRBのアイコンがCEROよりも一回り大きい為、モルガナの顔を隠れない位置に調整する必要があったとのこと。その結果、意図せずに胸元を覆うレイアウトになっていた、というのが事の真相のようです。海外ファンの方も安易な規制でないとわかり、胸をなでおろしたかもしれません。……とはいえ隠れている事実に変わりはないので、オリジナル版の方が良いというファンも少なからずいる事は間違いなさそうです。
《Round.D》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『キングダム ハーツIII』に「クリティカルモード」がいよいよ実装―4月24日の無料アップデートで

    『キングダム ハーツIII』に「クリティカルモード」がいよいよ実装―4月24日の無料アップデートで

  2. 『フォートナイト』マーベル最新作映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」とのコラボレーションを予告

    『フォートナイト』マーベル最新作映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」とのコラボレーションを予告

  3. 救命ボートの対戦アクション『Emergency Water Landing』発売―要救助者を奪い合う壮絶な争い

    救命ボートの対戦アクション『Emergency Water Landing』発売―要救助者を奪い合う壮絶な争い

  4. 『キングダム ハーツIII』「オラフ」の日本語吹き替え声優の交代を発表―アップデートで対応へ

  5. PS4『Dreams Universe』国内向け早期アクセス版が数量限定で発売開始!スター・ウォーズやゴジラの再現だって可能?

  6. パッケージ版『ぷよぷよeスポーツ』6月27日発売決定!初心者も安心の「レッスンモード」を新たに収録

  7. 「ゲームのバランスが崩れている、これこそ私の望む世界だ」ー『フォートナイト』“サノス”が早速弱体化へ

  8. 『Days Gone』“感染者”の種類などを解説する海外向け映像―巨漢Breakerなど

  9. 国内PS4版『H1Z1: Battle Royale』基本無料で配信開始!激しいバトルロイヤルを生き残れ

  10. 『フォートナイト』ルート・レイクに謎の「巨大シェルター」が登場、一体中には何が…?

アクセスランキングをもっと見る

1
page top