エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面

日本エイサーは、Predatorシリーズのゲーム用途に最適な機能搭載のプロジェクター「Z650」を7月5日より発売すると発表しました。

ゲーム機 周辺機器
エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面
  • エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面
  • エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面
  • エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面
  • エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面
  • エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面
  • エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面
  • エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面
  • エイサー、ゲーミングプロジェクター「Z650」を7月発売―投影距離1.5mで100インチ大画面

日本エイサーは、Predatorシリーズのゲーム用途に最適な機能搭載のプロジェクター「Z650」を7月5日より発売すると発表しました。

このゲーミングプロジェクターは、1080pのフルHDに対応し、色再現性を高めるColor Purityや、ColorBoost3D/ColorSafe IIテクノロジーを搭載しています。ゲームモードは、黒を強調する「Dark FPS」と明るいシーンにおいてコントラストが利いた映像にする「Bright FPS」、映像を自動で調整する「Game Auto」モードの3機能を実装。約1.5mの投影距離で100インチの映像を出力することや、Nvidia 3D TV PlayとBlu-ray3D、そしてDLP 3Dでの3D表示も可能です。以下、本機の特徴となります。



    <Z650 製品特長>
    ■大画面ならではの迫力を存分に堪能できるゲームモード搭載
    ゲーム映像の特性に合わせた3種類の表示設定をプリセットしています。「Dark FPS」、「Bright FPS」、「Game Auto」から、お好みのモードを選択するだけで、簡単に鮮明な映像を投映します。


    ■鮮明な表示で映像世界を満喫できるフルHD対応
    フルHD対応(1920×1080)高解像度プロジェクターです。細部まで鮮明な映像を表示して、投映世界に引き込まれるような臨場感を味わえます。


    ■究極の映像体験。色再現性を高める Color Purity 採用
    色再現性を高めるRGBRGBカラーホイールを採用しました。当社従来比で17%色域が広がり、鮮やかで自然な色合いを再現します。さらに、sRGBモードを搭載しているので、色変化の少ない映像を投映します。


    ■「いつでも美しい映像」を追及したColorBoost3D / ColorSafe II テクノロジー搭載
    いつでも美しい映像を表示するための革新的なテクノロジーを搭載しています。ColorSafe II(カラー・セーフ2)テクノロジーは、長時間の使用による色味の劣化を抑止します。


    ■限られたスペースで大画面映像を堪能できる短焦点モデル
    約1.5メートルの投映距離で100インチの大画面を実現。省スペースで迫力ある大画面映像を楽しめます。


    ■2D to 3D変換機能搭載
    メニュー切り替えで、今までの2D映像を、簡単に3D映像に変換できます。※全てのコンテンツに対応するものではありません。


    ■3D表示対応
    3D対応再生機器、3Dコンテンツ、DLP3D対応メガネを使って迫力ある3D映像を簡単に楽しめます。

ゲーミングプロジェクター「Z650」は7月5日に発売予定。想定価格は、160,000円前後(税別)です。
《G.Suzuki》

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. ROGゲーマー向け注目製品ピックアップ!デュアルモード搭載モニター、映えと性能両立の自作PCパーツ…競合他社とは異なるユニークな着眼点の新製品【COMPUTEX 2024】

    ROGゲーマー向け注目製品ピックアップ!デュアルモード搭載モニター、映えと性能両立の自作PCパーツ…競合他社とは異なるユニークな着眼点の新製品【COMPUTEX 2024】

  2. 入手困難乗り越え即購入可能に!初めから24タイトルが遊べるクランク付き携帯ゲーム機「Playdate」タイトル一部紹介の新映像公開【Wholesome Direct速報】

    入手困難乗り越え即購入可能に!初めから24タイトルが遊べるクランク付き携帯ゲーム機「Playdate」タイトル一部紹介の新映像公開【Wholesome Direct速報】

  3. 【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

    【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

  4. コスパ優良ゲーミングモニタ「AVISTA」レビュー。選び方とおすすめモデルを紹介

  5. ASUS携帯ゲーミングPC新モデル「ROG Ally X」正式発表―海外で7月22日発売へ

  6. 国土交通省主導の日本全国3D都市モデル化プロジェクト「Project PLATEAU Ver1.0」公開

  7. ゲームの中のキャラとほんとに会話ができちゃう夢の時代はもうすぐそこに!?ユービーアイ、NPCと自由な対話ができる生成AI技術「NEO NPC」開発中

  8. 「MSX」が42年の時を越え生まれ変わる!「MSX3」とは何か

  9. 最強コントローラー誕生か!?海外Modderがサターンパッドとアーケードスティックを合体

  10. 「PSVR2」でSteamの膨大なVRゲームをプレイ可能に!8月7日にPCアダプターを発売予定

アクセスランキングをもっと見る

page top