仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ

ゲーム文化 インディーゲーム

仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ

映画会社の日活が新たなゲームレーベルSUSHI TYPHOON GAMESを立ち上げ、その第1弾タイトルして発表されている個性的タイトル『刺青の国』。京都みやこめっせで開催中のインディーゲームイベント「BitSummit 4th」にて、日本国内初のプレイアブルデモが展示されていました。


『刺青の国』の舞台は、大災害後の閉鎖された東京23区。プレイヤーは彫師となり、強い想いをもった乙女のひとりと手を組み、「23区連合」を倒して東京を統一し、脱出するのが目的。設定だけ聞くとゲーム内容が少々理解しづらいかもしれませんが、つまり「かわいい女の子」と「ヤクザ文化」を題材とした都市制圧型シミュレーションゲームです。

本作の対応プラットフォームはまだはっきりしていないものの、BitSummitで展示されていたのはPC版で、過去に台北ゲームショウで出展されていたビルドよりも、ビジュアル面が強化されているとのこと。開発エンジンにはUnityが採用されています。


プレイヤーはゲーム開始時、「八王子市」「武蔵野市」「調布市」など、市部が擬人化された6人の乙女からパートナーを一人選択。次に、最初に制圧を目指す23区をひとつ選びます。本作のゲームプレイは、基本的にオートで時間が流れていく『Plague Inc.‐伝染病株式会社』のような作り。ゲームスピードは早送りにしたり、一時停止が可能です。


ゲーム中にプレイヤーが取る行動としては、時間の流れと共に得られる“MP(みかじめポイント”を消費し、それぞれ異なる特徴をもった各区の敵対構成員を取り込むために、様々なアイテムを購入したり、パートナーの乙女に刺青を彫ったりしながら、徐々に23区を支配下に収めていきます。体力のような役目の“仁義メーター”がゼロになってゲームオーバーにならないように注意も必要。


注目の「刺青」システムは、彫る位置や形によって異なる効果を備えており、敵対勢力を取り込むスピードがあがったり、危険度が上昇するなどゲームの流れに影響を与えます。裸になった乙女の背中に刺青を彫っていく背徳的なゲームプレイは何度も見てもインパクト大。

これらが基本的なゲームの流れですが、他にも、勝利すればMPを増加できるサイコロミニゲームや、各区に待ち受けるボス的なキャラクターとのアドベンチャーパートも存在。


本作には異なる難易度や引き継ぎ系のアイテムもあり、ゲームスピードが早ければ2~3時間でクリアも可能とのことで、繰り返し遊ぶことを前提とした作りのようです。世界観もゲーム性も、とにかく斬新であるため、じっくり遊んでこそ良さがわかる作品なのかもしれません。

『刺青の国』は2016年中にリリース予定。価格やプラットフォームは未定です。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 24 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. “プレイヤーの性格を武器にする”3D ACT『Last Standard』対応のマストドン新インスタンス登場

    “プレイヤーの性格を武器にする”3D ACT『Last Standard』対応のマストドン新インスタンス登場

  2. 『GTA V』向け『RDR』マップ再現Modが公開停止

    『GTA V』向け『RDR』マップ再現Modが公開停止

  3. 『レインボーシックス シージ』PC版大会「JCG Master Monthly Ops -May-」が5月14日に開催

    『レインボーシックス シージ』PC版大会「JCG Master Monthly Ops -May-」が5月14日に開催

  4. 『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

  5. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  6. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  7. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  8. 核で荒廃したソ連が舞台の終末RPG『ATOM RPG』―『Fallout』などからインスパイア

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. ロンドン博物館、『マインクラフト』で過去に起こった大火を再現

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top