仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ

映画会社の日活の個性的タイトル『刺青の国』。京都みやこめっせで開催中のインディーゲームイベント「BitSummit 4th」にて、日本国内初のプレイアブルデモが展示されていました。

ゲーム文化 インディーゲーム
仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ
  • 仁義なき乙女の都市制圧シミュ『刺青の国』ハンズオン―京都で異彩放つ

映画会社の日活が新たなゲームレーベルSUSHI TYPHOON GAMESを立ち上げ、その第1弾タイトルして発表されている個性的タイトル『刺青の国』。京都みやこめっせで開催中のインディーゲームイベント「BitSummit 4th」にて、日本国内初のプレイアブルデモが展示されていました。


『刺青の国』の舞台は、大災害後の閉鎖された東京23区。プレイヤーは彫師となり、強い想いをもった乙女のひとりと手を組み、「23区連合」を倒して東京を統一し、脱出するのが目的。設定だけ聞くとゲーム内容が少々理解しづらいかもしれませんが、つまり「かわいい女の子」と「ヤクザ文化」を題材とした都市制圧型シミュレーションゲームです。

本作の対応プラットフォームはまだはっきりしていないものの、BitSummitで展示されていたのはPC版で、過去に台北ゲームショウで出展されていたビルドよりも、ビジュアル面が強化されているとのこと。開発エンジンにはUnityが採用されています。


プレイヤーはゲーム開始時、「八王子市」「武蔵野市」「調布市」など、市部が擬人化された6人の乙女からパートナーを一人選択。次に、最初に制圧を目指す23区をひとつ選びます。本作のゲームプレイは、基本的にオートで時間が流れていく『Plague Inc.‐伝染病株式会社』のような作り。ゲームスピードは早送りにしたり、一時停止が可能です。


ゲーム中にプレイヤーが取る行動としては、時間の流れと共に得られる“MP(みかじめポイント”を消費し、それぞれ異なる特徴をもった各区の敵対構成員を取り込むために、様々なアイテムを購入したり、パートナーの乙女に刺青を彫ったりしながら、徐々に23区を支配下に収めていきます。体力のような役目の“仁義メーター”がゼロになってゲームオーバーにならないように注意も必要。


注目の「刺青」システムは、彫る位置や形によって異なる効果を備えており、敵対勢力を取り込むスピードがあがったり、危険度が上昇するなどゲームの流れに影響を与えます。裸になった乙女の背中に刺青を彫っていく背徳的なゲームプレイは何度も見てもインパクト大。

これらが基本的なゲームの流れですが、他にも、勝利すればMPを増加できるサイコロミニゲームや、各区に待ち受けるボス的なキャラクターとのアドベンチャーパートも存在。


本作には異なる難易度や引き継ぎ系のアイテムもあり、ゲームスピードが早ければ2~3時間でクリアも可能とのことで、繰り返し遊ぶことを前提とした作りのようです。世界観もゲーム性も、とにかく斬新であるため、じっくり遊んでこそ良さがわかる作品なのかもしれません。

『刺青の国』は2016年中にリリース予定。価格やプラットフォームは未定です。
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』第9回「CRカップ」の開催が6月4日に延期-カスタムマッチの「エラー落ち」が改善されないため

    『Apex Legends』第9回「CRカップ」の開催が6月4日に延期-カスタムマッチの「エラー落ち」が改善されないため

  2. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

    波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  3. 小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

    小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

  4. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  5. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  6. ゆったり養蜂シミュレーション『APICO』配信開始! ハチの繁殖や保護を体験

  7. 2人のゲームクリエイターの物語描く『GOODBYE WORLD』2ndトレイラー公開!

  8. 迷い込んだのは毎日構造が変わる不思議な塔?『常世ノ塔』Steam/スイッチで6月2日に正式リリース【INDIE Live Expo 2022】

  9. 世界中で愛される「アストロ」が“ねんどろいど”でフィギュア化発表

  10. 「スパイダーマン3」サンドマン役トーマス・ヘイデン・チャーチが実写ドラマ版『Twisted Metal』に出演決定

アクセスランキングをもっと見る

page top