米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成

先日より日本国内でも配信され、世界的な人気を誇っている『ポケモンGO』。アメリカ、アラバマ州の動物園が、園内の動物に本作風の説明を施しています。

ゲーム文化 カルチャー
米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成
  • 米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成
  • 米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成
  • 米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成
  • 米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成
  • 米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成

先日より日本国内でも配信され、世界的な人気を誇っている『ポケモンGO』。アメリカ、アラバマ州の動物園が、園内の動物に本作風の説明を施しています。


TumblrユーザーKeeper of the Zooが作成したこの『ポケモンGO』風看板では、コリ バスタードやカリビアン フラメンゴなどを始めとした動物園で飼われている動物の特徴や生息地などを説明。CPの数値はもちろん、技名もそれぞれ固有に考えてある徹底ぶりで、ファンならニヤリとしてしまう小ネタが満載です。


なかでも、ヒクイドリは、「Bite」と「Ultra Kick」というわざを習得していて、凶暴な鳥として知られているからか、CPも1,150と高めに設定されています。これを報じた海外メディアや、Keeper of the Zooによりますと、これらの説明看板は、The Birmingham Zoo(バーミンガム動物園)で掲載されているとのこと。


Keeper of the ZooのTumblrページはこちらから確認可能。動物に関する情報を掲載しています。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』世界大会「Fortnite World Cup」4月13日から予選スタート、賞金は総額1億ドル!

    『フォートナイト』世界大会「Fortnite World Cup」4月13日から予選スタート、賞金は総額1億ドル!

  2. 『デビル メイ クライ』ダンテ役の俳優が銃撃事件に巻き込まれるも無傷で生還―Twitterにはジョークも投稿

    『デビル メイ クライ』ダンテ役の俳優が銃撃事件に巻き込まれるも無傷で生還―Twitterにはジョークも投稿

  3. 66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

    66歳のゲーマーお爺ちゃんが『Apex Legends』でノースコープ3連続キルの華麗プレイ!

  4. 宇宙MMO『Elite Dangerous』銀河の端で3ヶ月立ち往生している冒険者の救助計画が進行中―立案に3日以上

  5. 『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

  6. 『バイオハザード RE:2』完全攻略本が発売!詳細なフローチャートとマップで、本編からエクストラまで解説する永久保存版

  7. Twitch主催『Apex Legends』初の公式大会でNinja率いるチームが優勝

  8. 『キングダム ハーツIII』カフェ2月2日より開催決定!キャンペーンメニューの提供や限定グッズの販売を予定

  9. 『テトリス』×「プーマ」の仰天コラボ発表!スニーカーが2019年10月登場予定

  10. 『エースコンバット7』から架空機「X-02S」と「ADF-11F」がプラモ化!レーベンは分離も可能

アクセスランキングをもっと見る

page top