バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も

先日、PS4/Xbox One向けにリリースとなったバイオレンスカーアクションゲーム『Carmageddon: Max Damage』のルーツである、初代『Carmageddon』のiOS版無料化が発表されました。

アプリゲーム iOS
バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も
  • バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も
  • バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も
  • バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も
  • バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も
  • バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も
  • バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も
  • バイオレンスカーアクション『Carmageddon』のiOS版が無料化!―MFiコントローラ対応も

先日、PS4/Xbox One向けにリリースとなったバイオレンスカーアクションゲーム『Carmageddon: Max Damage』のルーツである、初代『Carmageddon』のiOS版無料化が発表されました。

!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

初代『Carmageddon』は1997年にMS-DOS向けに初登場した作品で、iOS版は2012年より販売が行われていました。今回の無料化に合わせて最新アップデートも実施されており、MFiコントローラーへの対応が行われています。本作のぶっ飛んだゲーム内容の詳細は以下のとおり(iTunesストアより抜粋)。

    Carmageddonは、通行人(そして牛も!)を単なる点数とし、殺戮マシーンに乗り込んだちょっと頭がアレな連中を相手に走る極めて自由気ままなドライブゲームです。本ゲームではアナーキーな「自分の走りたいように走る」というプレイスタイルを最大限尊重し、シュールでダークなユーモアを織り交ぜた暴力的表現が随所に盛り込まれています。このレースゲームにおいて、ただのカーレースで満足するような軟弱者はあらかじめお断りしております。

    Carmageddonでは殺しの場と化したリアルな世界を舞台にしており、ここの住民は、命の危険を承知で路上に出ることを余儀なくされています。車自体を武器として使用するだけではなく、各ステージにはさまざまなとんでもない効果を発揮するパワーアップがふんだんに配置されており、レース展開に更なるクレイジーさが期待できるようになっています。各イベントでは、対戦相手を全員クラッシュさせたり、通行人を全員殺したり、(あまりお勧めはできませんが)規定ラップ数を完走させたりというように「あなたのしたいように」方針を選ぶことができます。でも気を付けてください、あたりにはガチガチに防備を固めた装甲パトカーに乗り込んだ警官たちがうろついています。彼らに不法なことをしている現場を押さえられたら最後、地獄の底まで追跡してくることでしょう!

    特長:
    ・28人の狂気に魅入られた危険な対戦相手
    ・11種の愉快で爽快なレース環境
    ・納得の暴力的な36ステージを盛り込んだキャリアモード
    ・対戦相手とレースしてクラッシュすることでアンロックできる操作可能な車30種類を用意!
    ・ユニバーサルアプリ
    ・iCloud対応
    ・ 27の抜け駆けスタントに相応しい実績
    ・Leaderboard実装
    ・Game Centerとの統合
    ・複数の操作方法を用意:デジタル、アナログ(組み合わせ)、ティルト
    ・操作レイアウトはあなたの好みに合わせて変更可能
    ・総合的なアクション・リプレイ・システム
    ・映像編集―ゲームの映像をそのままYouTubeへ保存しよう―iOS 6を利用してのリンクの共有が可能
    ・ RetinaディスプレイおよびiPhone 5対応
    ・ 環境マップ等の特殊効果
    ・強化されたプレリット環境
    ・解体効果と流血表現
    ・お笑い要素満載

    オリジナルのゲームの受賞・表彰歴
    Carmageddonは1997年のPC Zone Reader「年間ゲーム大賞」を受賞。Carmageddon1 & 2は1997年、そして1998年の「年間最優秀ドライブゲーム賞」を受賞。

    オリジナルゲームの厳選された評価
    PC用として1997年に発売されたオリジナル版Carmageddonは瞬く間にヒットとなり、シリーズは全世界で合計200万本以上売れました。以下に当時のゲームメディアの本作に関する感想の一部を紹介します:

    「Carmageddonは理屈抜きで暴力的な楽しい車両アクションだ・・・。」 ―GameSpot 10点満点中8.8点

    「Carmageddonは、はっきり言って今まで遊んだパソコンゲームの中で一番面白かった・・・Carmageddonはまさに神様さ!」 ―Duncan McDonald 95% Classic Award PC Zone Magazine

    「Carmageddonは、めったに出会えないゲームだ。絶対買うべき。」 ―Escape Magazine 6点満点中6点

    「ゲームプレイはまさに完璧で、ひねくれたユーモアのセンスの持ち主ならやってみるべき。」 ―Computer Gaming World 5点満点中4点

    「次にGTA VIで警官を銃で撃つ時、Carmageddonの論争がその火付け役になったことを思い出して、そのことに感謝すべきである。」 ―RetroGarden

    STAINLESS GAMESの概要
    Stainless社は1982年のゲーム黎明期からゲーム業界で活躍していた重鎮であるPatrick Bucklandと、マンモスの体毛のような髪を持つNeil Barndenの2人によって1994年に創立された。Stainless社によるオリジナルのCarmageddonは8人のチームで制作され、そのうちの5名は今でも当社に所属している。ただし、何名かは地下の緩衝材付きの小部屋に手錠で拘束された状態で管理されている。

    Stainless Gamesは現在50人以上の様々な性別、身長、体重を持つ、情熱がありマッドな社員を雇用している。イギリス南部の海岸にある白い小さい石灰質の岩から、彼らが危なっかしくぶら下がっている様が見えることだろう。


なお、Android版についても無料化や最新アップデートが予定されているとのことです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

アプリゲーム アクセスランキング

  1. PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

    PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

  2. iOS版『Sky 星を紡ぐ子どもたち』配信開始、Android版は事前登録を受付中―『風ノ旅ビト』開発元の新作

    iOS版『Sky 星を紡ぐ子どもたち』配信開始、Android版は事前登録を受付中―『風ノ旅ビト』開発元の新作

  3. 新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】

    新作アプリ『三国志ヒーローズ』紹介ステージ!―貂蝉役の香川愛生さんも登壇【TGS2019】

  4. 『Call of Duty: Mobile』コントローラーの正式サポートが発表!

  5. 近未来くノ一ゲーム『アクション対魔忍』配信決定!感度3000倍なんて存在しない(かもしれない)健全(かもしれない)なアクションRPG

  6. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  7. Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

  8. 『マイクラ』ARゲーム『Minecraft Earth』日本向け早期アクセス開始!

  9. 『ラブプラス EVERY』11月2日より実施中の緊急メンテナンスが終了時刻未定に…続報は11月中に改めてお知らせ

  10. Android版『スターデューバレー』海外向け配信日発表ー現地時間3月14日から

アクセスランキングをもっと見る

1
page top