Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?

PCゲーム業界の発展に大きく貢献したと言えるValveのデジタル販売プラットフォーム「Steam」。そんなSteamのトップページの変遷を、海外サイトPC Gamerが多数のキャプチャ画像とともに紹介しています。

PC Windows
Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?
  • Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?
  • Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?
  • Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?
  • Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?
  • Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?
  • Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?
  • Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?
  • Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?

PCゲーム業界の発展に大きく貢献したと言えるValveのデジタル販売プラットフォーム「Steam」。そんなSteamのトップページの変遷を、海外サイトPC Gamerが多数のキャプチャ画像とともに紹介しています。

    2003年
    ・9月12日に初リリース。
    ・対応ゲームはValve製のみ。
    ・ストアはなし。
    ・当時、米国でブロードバンドインターネット接続を利用していた世帯は20%のみ。
    ・不安定な認証サーバーや遅いダウンロードなど、問題が頻発した。

    2004年
    ・『Half-Life 2』がリリース。
    ・『Half-Life 2』をプレイするためにSteamへの登録が要求された。

    2005年
    ・『Ragdoll Kung Fu』と『Darwinia』が非Valveゲームとして初の配信。
    ・本格的なプラットフォームへと移行。

    2006年
    ・Steamが形になり始め、デジタル販売の新しい概念が生まれる。
    ・無料デモやHDビデオがカタログに加わった。
    ・約100のゲームが利用可能に。
    ・視認性の問題が出始める。

    2007年
    ・適切な検索機能、MetaCritcレーティングの統合、ベストセラーや新作などのフィルター搭載。
    ・統計追跡、フレンドリスト、コミュニティグループ、ボイスチャットなどによって、Steamクライアントがコミュニティープラットフォームとしてデビュー。

    2008年
    ・ジャンルリンクおよび新作へのフォーカスで、拡大するカタログの利用が容易に。
    ・スポットライト機能、画像スライドショー、大きなバナー広告。
    ・セーブデータ、キー設定や構成設定を自動同期するSteamクラウドが展開。

    2009年
    ・500円以下、1000円以下のカテゴリ追加によって、ユーザーが遊ばないゲームを衝動買いするようになる。

    2010年
    ・割引がパーセンテージ表示され、掘り出しアイテムを発見しやすくなる。
    ・Macゲームをサポート。

    2011年
    ・ライブラリが1000タイトル以上に成長。
    ・ゲームを発見しやすくするための“おすすめ”が導入。
    ・アカウントの不正行為増加に対処するため、Steamガードを導入。

    2012年
    ・新作リストにDLCのフィルターが導入。
    ・ゲームのサムネイルにDLCやデモのラベルが追加。
    ・Steam Greenlightが登場。
    ・モバイルアプリをリリース。
    ・Stamコミュニティマーケットがローンチ。
    ・Steam Workshopが導入。

    2013年
    ・SteamOSに先立ち、Linuxをサポート。
    ・早期アクセスが登場。
    ・ファミリーシェアリングの導入。
    ・ユーザーレビューの導入。
    ・ユーザープロフィーのレベリングを導入。

    2014年
    ・ウィジェットは製品としてのゲームから、サービスとしてのゲームへのシフトを反映。
    ・ホームストリーミングの導入。
    ・ファミリービュー設定の導入。

    2014年後半~2016年
    ・2014年後半のディスカバリーアップデートにより、馴染み深い今日のデザインに。
    ・2015年はSteamコントローラーやSteam Link、Steamマシーンに対応するため、ハードウェアセクションが追加。
    ・2016年はHTC ViveやOculus Riftに対応するため、VRカテゴリを導入。
    ・以降、現在のレイアウトに落ち着く。


これまでに様々な変化が加えられてきたSteam。あなたはいつから使い始めていたでしょうか。是非コメント欄にて皆様で語り合ってください。なお、より詳細な解説や、各年Steamトップページのフル画像はPC Gamerにてご覧ください。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『ディアブロ III』日本時間8月23日よりシーズン18が開始―三位一体のシーズンバフでLv1からブースト

    『ディアブロ III』日本時間8月23日よりシーズン18が開始―三位一体のシーズンバフでLv1からブースト

  2. ゾンビサバイバル『DayZ』バトルロイヤルモード「Survivor GameZ」オープンα開始!

    ゾンビサバイバル『DayZ』バトルロイヤルモード「Survivor GameZ」オープンα開始!

  3. Epic Gamesストア初の無料トライアル開催決定!対象は『レインボーシックス シージ』

    Epic Gamesストア初の無料トライアル開催決定!対象は『レインボーシックス シージ』

  4. Win 10版『マインクラフト』美麗なレイトレーシング対応ゲームプレイ比較映像―これホントに『マイクラ』?

  5. Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

  6. マッチョメンから逃げてプロテインを集める一人称ホラー『Protein for Muscle』Steamストアページが公開―舞台はボディービルダー養成学校

  7. 『シェンムー3』新トレイラー!「シェンムーな一日」を感じ取れる要素がたくさん【gamescom 2019】

  8. 戦隊ヒーロー格闘ゲーム『Power Rangers: Battle for the Grid』PC版は9月にSteam配信予定!

  9. PC通常版『フォーオナー』Uplayで無料配布開始―8月27日まで

  10. 吸血鬼RPG『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』29分ゲームプレイ映像!

アクセスランキングをもっと見る

page top