500超の任天堂ファンメイドゲームに「DMCA侵害」警告、海外配信サイトで公開停止に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

500超の任天堂ファンメイドゲームに「DMCA侵害」警告、海外配信サイトで公開停止に

海外フリーゲーム配信サイトGame JoltはNintendo of Americaからの申し立てを受け、562本に上る無料ゲームタイトルを公開停止にするとアナウンスしました。

ニュース ゲーム業界
500超の任天堂ファンメイドゲームに「DMCA侵害」警告、海外配信サイトで公開停止に
  • 500超の任天堂ファンメイドゲームに「DMCA侵害」警告、海外配信サイトで公開停止に

海外フリーゲーム配信サイトGame JoltはNintendo of Americaからの申し立てを受け、562本に上る無料ゲームタイトルを公開停止にするとアナウンスしました。

米任天堂がデジタルミレニアム著作権法に基いて公開停止を求めたのは、Game Joltにアップロードされていた『マリオカート』『ゼルダの伝説』『ポケモン』などのオマージュ/パロディー系タイトル(一覧)。Game JoltはDMCA侵害の警告を受けた作品を検索/ダウンロードできない様、公開停止状態にしたものの、開発者のためにアーカイブを目的として「データ削除」には踏み切らない姿勢を明かしました。

Game Joltの配信タイトルの多くはファンメイドかつ個人的な「非商業タイトル」ではあるものの、同サービスは2016年5月から一般販売に対応したプラットフォームGame Jolt Marketplaceを立ち上げていました。この販売システムが直接的な原因となったかは定かでありませんが、先日公開停止された『Pokemon Uranium』のケースも踏まえた上で、「非商業タイトル」に関わらず非公式ファンメイドゲームの在り方が見直される段階に突入していると言えるのではないでしょうか。

また、本記事でタイトル画像のみ紹介した『MARIO EDITOR』に関しても、Game Joltでの公開は停止されていながらIndie DBでの配信は継続しており、このような例が今後どのように対応されていくのか注視する必要もありそうです。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチの最新タイトルが続々出展!「ハイカライブ」や「スプラトゥーン甲子園」も行われた任天堂主催の大型イベントが開幕【Nintendo Live 2019】

    スイッチの最新タイトルが続々出展!「ハイカライブ」や「スプラトゥーン甲子園」も行われた任天堂主催の大型イベントが開幕【Nintendo Live 2019】

  2. 『フォートナイト』シーズン10のワンタイムイベントは10月14日午前3時開始!異例のシーズン終了当日に実施

    『フォートナイト』シーズン10のワンタイムイベントは10月14日午前3時開始!異例のシーズン終了当日に実施

  3. 『グラブル ヴァーサス』組織より「ゼタ」&「バザラガ」参戦決定!パッケージアートやプレミアムBOX、店舗別特典イラストのビジュアルも公開

    『グラブル ヴァーサス』組織より「ゼタ」&「バザラガ」参戦決定!パッケージアートやプレミアムBOX、店舗別特典イラストのビジュアルも公開

  4. 『NEW GUILTY GEAR(仮)』「アクセル=ロウ」を紹介する最新トレイラー公開!「ARCREVO America 2019」での世界初試遊も決定

  5. 10月12日~13日に接近する台風19号、ゲーム業界の動きは?

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『PAYDAY 3』は2022~2023年に発売予定―Starbreezeが今後の見通しを公開、分社化も

  8. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  9. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  10. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top