『ARK: Survival Evolved』、早期アクセス下の有料DLCを巡りスタッフを巻き込んだ「炎上」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ARK: Survival Evolved』、早期アクセス下の有料DLCを巡りスタッフを巻き込んだ「炎上」

Studio WildcardがPC/Xbox One向けに開発中で現在Steam早期アクセス実施中の恐竜サバイバル『ARK: Survival Evolved』。有料拡張パック『ARK: Scorched Earth』が9月2日に発売されたばかりですが、この有料拡張パックが大きな波紋を広げています。

PC Windows
『ARK: Survival Evolved』、早期アクセス下の有料DLCを巡りスタッフを巻き込んだ「炎上」
  • 『ARK: Survival Evolved』、早期アクセス下の有料DLCを巡りスタッフを巻き込んだ「炎上」
  • 『ARK: Survival Evolved』、早期アクセス下の有料DLCを巡りスタッフを巻き込んだ「炎上」


Studio WildcardがPC/Xbox One向けに開発中で現在Steam早期アクセス実施中の恐竜サバイバル『ARK: Survival Evolved』。有料拡張パック『ARK: Scorched Earth』が9月2日に発売されたばかりですが、この有料拡張パックが大きな波紋を広げています。

『ARK: Survival Evolved』は早期アクセス、という事で未だ改善の余地を各所に大きく残し、さらなるアップデートを心待ちにしているプレイヤーも多いタイトルです。本編にもアイテムなどのインポートにより影響を及ぼす、大型の有料拡張パックが本体の完成を待たずして、サプライズの形でリリースとなったことへの反響は計り知れないものでした。追加コンテンツの内容そのものは十分整っているのか、Steamのユーザーレビューでは拡張パックの評価こそ良いものの、本体についてはこの「早期アクセス下の、比較的高額な有料DLC発売」という前代未聞の事態に、多くの批判が寄せられています。

また、海外メディアVG247などが伝える所によれば、既にポストそのものは削除こそされていますが、開発スタッフの一人がチャット上にて、同様の批判を述べたユーザーに対して「(この拡張を無料で出せというならば)短い腕と底の深いポケットを持っているんだね」といった揶揄を始め、暴言にも聞こえかねない対応を行ってしまったとのこと。この対応は更なる炎上となり、結果、掲示板Reddit上にて謝罪が行われる事態にまで発展しました。


問題の発言について、ユーザーによって撮られたとされるスクリーンショット、imgurでも掲載

本問題については未だ解決は見えない形ですが、早期アクセスのオープンワールドサバイバルタイトルとしては十分に“成功”と言えたタイトルである本作が、一日も早くファンとの関係を修復して、穏やかな状態に戻れることに期待しましょう。同時に、早期アクセスの意義として、ユーザーの多くが望むであろう“本体の完成”を第一とする考え方が広まることを願いたいものです。

『ARK: Scorched Earth』はPC/Mac/Linux向けにSteamで1,980円にて販売中です。またスペシャルプロモーションとして『ARK: Survival Evolved』本編が9月9日まで40%引きの1,788円にて販売されています。Xbox One向けにも『ARK: Scorched Earth』は配信開始されています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 話題の国産ローグライク2Dアクション『常世ノ塔』が2020年内に発売決定! 日々姿を変える塔に生きた証を刻め

    話題の国産ローグライク2Dアクション『常世ノ塔』が2020年内に発売決定! 日々姿を変える塔に生きた証を刻め

  2. 芸能界の光も闇も併せ呑め!アイドル育成・事務所経営ストラテジー『Idol Manager』国内PV公開

    芸能界の光も闇も併せ呑め!アイドル育成・事務所経営ストラテジー『Idol Manager』国内PV公開

  3. 17年の時を経てIO Interactive開発TPS『Freedom Fighters』PC版再販スタート―最初の1週間は33%オフ

    17年の時を経てIO Interactive開発TPS『Freedom Fighters』PC版再販スタート―最初の1週間は33%オフ

  4. 『サイバーパンク2077』のストーリーは『ウィッチャー3』よりも短い―『ウィッチャー3』をクリアできなかったプレイヤーが多かったため

  5. 国産サンドボックス『クラフトピア』「実装してないのに……」ユーザーの愉快なプレイに公式も困惑?

  6. はみ出し者たちとエイリアンに立ち向かえ!『Serious Sam 4』ストーリートレイラー公開

  7. 賞金稼ぎのガチョウが悪を討つ! 2D横スクロールガンACT『マイティ・グース』PC/コンソール向けに2021年発売

  8. NVIDIA、海外公式ストアでの「RTX 3080」販売混雑を謝罪―人力での注文確認も導入

  9. 最大64人のラウンド制チームバトル、物資は購入式!『PUBG』ラボ新モード「Arena Mode」開催

  10. NVIDIA「GeForce RTX 3070」10月15日発売予定!「RTX 3080」レビューは9月16日解禁に

アクセスランキングをもっと見る

page top