米大学生、初代『DOOM』を人間のように学習する新たな人工知能を開発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米大学生、初代『DOOM』を人間のように学習する新たな人工知能を開発

海外メディアより、米大学の学生が人間のように『DOOM』のゲームプレイを学習する新たな人工知能を開発したと報じられています。

ゲーム文化 レトロゲーム
米大学生、初代『DOOM』を人間のように学習する新たな人工知能を開発
  • 米大学生、初代『DOOM』を人間のように学習する新たな人工知能を開発

海外メディアより、米大学の学生が人間のように『DOOM』のゲームプレイを学習する新たな人工知能を開発したと報じられています。

「『DOOM』デスマッチモードで人間を倒すための人工知能」を開発したのは、米カーネギーメロン大学の学生たち。このプログラムはAIによる初代『DOOM』大会イベント「ViZDoom」に参加したもので、デビュー戦となる同大会で2位を獲得したとのこと。結果のみを見れば優勝を逃したと言えるところですが、注目すべきは「いかにして人工知能が『DOOM』を学習するか」という点。学生たちが発表したViZDoom: A Doom-based AI Research Platform for Visual Reinforcement Learning(『DOOM』をベースにした視覚的強化学習の為の人工知能研究)によれば、このプログラムでは「予め設定されたコマンドを用いる」のではなく、人工知能自らが『DOOM』のプレイ画面を見て、画面上で何が起こっているのかを認識しながらプレイスキルを学習していくのだとか。海外メディアDEN OF GEEK!ではこの学習方法を「人間がゲームを学ぶ流れとまさに同等である」と伝えています。

開発者であるGuillaume Lample氏とDevendra Singh Chaplot氏は、この人工知能を作り上げるまでに4ヶ月の期間を費やしたとのこと。ゲーム文化に大きな影響を与えそうな両名は、現在は更なる複雑な3D環境を含む『Quake』を学習可能な新たな人工知能の開発に挑んでいます。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 26 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ハリウッド実写映画「名探偵ピカチュウ」可愛さがクセになる海外ティーザー映像

    ハリウッド実写映画「名探偵ピカチュウ」可愛さがクセになる海外ティーザー映像

  2. 『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

    『フォートナイト』銃玩具「ナーフ」ラインナップが発表、海外予約開始!

  3. 「ところで将軍…」『Fallout 76』にプレストン・ガービーを演じるプレイヤー現る―居住地からは逃げられない!

    「ところで将軍…」『Fallout 76』にプレストン・ガービーを演じるプレイヤー現る―居住地からは逃げられない!

  4. Twitch主催『Apex Legends』初の公式大会でNinja率いるチームが優勝

  5. オリジナル版の雰囲気を再現する『バイオハザード RE:2』UI変更Modが登場!

  6. 野良連合が『レインボーシックス シージ』プロリーグ「Six Invitational 2019」本戦に出場決定

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. PC版『バイオハザード RE:2』に一人称カメラ視点でプレイできるModが登場

  9. NES版『スーパーマリオブラザーズ』激レア未開封品が約1,100万円で落札―二都市のみでテスト販売された逸品

  10. 『Apex Legends』Twitchでも爆発的な人気―視聴者数で『フォートナイト』を引き離して1位に

アクセスランキングをもっと見る

page top