携帯Steam機「SMACH Z」がWindows 10に対応!Linuxとの選択制に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

携帯Steam機「SMACH Z」がWindows 10に対応!Linuxとの選択制に

SMACH Teamより開発中の携帯型Steam Machine「SMACH Z」。本機のKickstarterキャンペーンが新たなストレッチゴールを達成し、Windows 10への対応を果たすことが正式に決定しました。

ゲーム機 ハードウェア
携帯Steam機「SMACH Z」がWindows 10に対応!Linuxとの選択制に
  • 携帯Steam機「SMACH Z」がWindows 10に対応!Linuxとの選択制に
  • 携帯Steam機「SMACH Z」がWindows 10に対応!Linuxとの選択制に

SMACH Teamより開発中の携帯型Steam Machine「SMACH Z」。本機のKickstarterキャンペーンが新たなストレッチゴールを達成し、Windows 10への対応を果たすことが正式に決定しました。

初期ゴールの250,000ユーロを達成し、着々と資金を集めていた「SMACH Z」は先ごろ350,000ユーロを調達し、2つ目のストレッチゴールに到達。新たなOSとしてWindows 10への対応が決定しました。バッカーは「SMACH Z」出荷前にベースのOSをWindows 10もしくはLinuxに選択できるとのことです。

Windows 10に対応することによって、「SMACH Z」では、『Grand Theft Auto V』『Halo Wars 2』『Crackdown 3』『ReCore』『Killer Instinct: Season 3』といったタイトルもプレイ可能。Xboxダッシュボードの閲覧や、Windows 10向けソフトウェアもインストールできる、と伝えられています。

    今後のストレッチゴール
  • 400,000ユーロ
    バッカー向けの公式ストア割引。アクセサリーやアップグレードが10%引き
  • 500,000ユーロ
    デフォルトのゲーム設定。SMACH Z上でゲームをプレイするための最適な構成を素早くロードできるオプション
  • 750,000ユーロ
    3年間の保証(物理的な損傷は対象外)
  • 1,000,000ユーロ
    Androidサポート(デュアルブート)

記事執筆時点で、8日を残したKickstarterキャンペーンは939人のバッカーから351,338ユーロを調達中です。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

    VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  2. BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

    BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

  3. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

    これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  4. オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

  5. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  6. VRリズムアクション『ポリフる feat. 朝ノ瑠璃』Steam配信開始!

  7. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

  8. VRアトラクション日本上陸!自分の足で動き回り、自分の手でトリガーを引く6人同時プレイ型シューティング

  9. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  10. AMDが新型GPU「Radeon RX 5500」シリーズを発表!10月下旬より搭載PCが順次発売

アクセスランキングをもっと見る

page top