PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが…

IMGN.PROが開発し、国内PS4版がインターグローより発売された一人称視点のホラーアドベンチャー『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』。実際に起きた事件をベースに語られる今作PS4版のプレイレポートをお届けします。

家庭用ゲーム PS4
PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが…
  • PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが…
  • PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが…
  • PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが…
  • PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが…
  • PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが…
  • PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが…
  • PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが…
  • PS4版『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』プレイレポ―雪に閉ざされた死の山でなにが…

IMGN.PROが開発し、国内PS4版がインターグローより発売された一人称視点のホラーアドベンチャー『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』。実際に起きた事件をベースに語られる今作PS4版のプレイレポートをお届けします。



最初に事件のあらましを説明してくれる

本作の目的は、1959年、ソビエト連邦(現ロシア)に位置するウラル山脈にて実際に起きた「ディアトロフ峠事件」の謎を解くこと。「ディアトロフ峠事件」は、9人のロシア人ハイカーたちが不可思議な状態で変死した、というもので、今現在も全容は解明されていません。ちなみにタイトルの「ホラート」とは、犠牲者たちが登ったホラート・シャフイル山(死の山を意味する)のことで、「ディアトロフ」は犠牲者の1人の名前から来ています。


人の気配がしない

ゲームは、プレイヤーが単身で、事件が起きたウラル山脈を訪れるところから始まります。本作は、Unreal Engine 4を採用しているため、雪山の険しさと美しさが同時に体験できる美麗なグラフィックを備えており、視覚的な印象は抜群。吹雪に見舞われた際には、思わず目を細めてしまいそうなクオリティとなっていました。



マップに自分は表示されない。気を付けながら進もう


調査が本格的に始まると、プレイヤーは広大なマップに1人放り込まれますが、特定の場所に行け、と命令されることはありません。地図左上に、イベント発生地点が北緯と東経でそれぞれ9個記されており、そこに赴くと、物語のカギを知れるイベントが発生します。また、地図には発生させたイベント地点、取得した文書、訪れたテントの場所が記載され、テント間でのファストトラベルも可能。しかし、自分の位置は地図に表示されないので、地図をよく見ないと迷う可能性は高いでしょう(序盤は特に迷いがち)。ちなみにセーブはテントの近くに寄ったり、文書を取得したりしないとされず、死亡した場合は最後にセーブした地点からリスタートとなります。


文書は重要な手掛かりとなる


テントに近づくとオートセーブ。この灯りを見るとホッとする

さきほど、「死亡した場合」と書きましたが、本作は敵が出てこない、というわけではありません。実は筆者、今作をプレイ前に調べていたところ、いわゆるウォーキングシミュレーターだ、という話を聞き、「死ぬわけじゃないのか、よかったー」などと悠長に考えていたのですが、マップの各所には、角を生やした悪霊のような存在が居て、プレイヤーがその敵に攻撃されると一発でゲームオーバーとなってしまうのです。しかも、本作のマップは広いのですが、なにせ山なので細い道もあり、通り抜けられないところに敵が出てくる場合もあります。しかしながら、プレイヤーを一発で屠(ほふ)ってくる悪霊のような敵ではありますが、彼らは猛ダッシュしてくることはなく、せいぜい早歩きくらいなので、容易に逃げることが可能です。そのため、追いかけっこ系ホラーに慣れているプレイヤーからすれば、ゲームオーバーになることはほとんどないのかもしれません。


何かいる…


骸骨Part1


骸骨Part2

ですが、敵から逃げながら思った点が1つ。プレイヤーは一般的なFPSのようにダッシュができますが、数秒で息が切れてしまうので移動速度はあまり速くありません。この移動速度の遅さは、本作の特徴の1つである広大なマップと少々相性が悪く、不満点に繋がりやすくなっているような気がしました。テント間のファストトラベルができるとはいえ、ファストトラベルは実際にどこかのテントに行かなければなりませんし、前述したように細い道に敵が出現することもあります(遠回りは本当に時間がかかる)。地図に自分が表示されないのは、「孤独な探索」を演出するうえで重要な役割を持っているだけに、移動の遅さは特に気になってしまう部分なのではないでしょうか。また、マップの一部で確認できるフレームレートの低下も気になるところ。この点は今後のアップデートに期待、というところでしょうか。



壁に座標が書いてあることも

一方で非常に感銘を受けたのが、ホラーゲームにおいてトップクラスに重要な「音」の使い方です。本作のイベント時に流れるBGMは緊迫感溢れるものですが、基本的なBGMは非常に控えめ。そのため、環境音を聞く機会が多くなっています。『ホラート -ディアトロフ峠の惨劇-』の環境音は、木のきしみ、プレイヤーに向かってくる吹雪、獣の遠吠えなど様々あり、とりわけ、洞窟の中で鳴る風の音は唸り声のようにも聞こえるので、敵がいるのかとつい身構えてしまいます。


地下に存在する施設…いったいなにが?



本作は、実際にあった事件をテーマにした作品ということで、どのような事件だったのかを知っていればなおのこと楽しめますし、もしかしたら原因はこうだったのかもしれない、という気持ちが味わえるゲーム作品ならではな楽しみ方ができます。筆者は、4時間ほどでエンディングに到達しましたが、いわゆるノーマルエンドで、真相が判明する別のエンディングもある様子。この雪に閉ざされた山でなにが起きたのか、生存者はどういった最期を遂げたのか、興味が湧いたという方はそれらを全て解き明かしてみてはいかがでしょうか。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 密着、名もなき配達人たち―『DEATH STRANDING』のNPCポーターたちに同行してみる

    密着、名もなき配達人たち―『DEATH STRANDING』のNPCポーターたちに同行してみる

  2. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  3. 【吉田輝和の絵日記】『DEATH STRANDING』ルートを決め、装備を選択し、荷物を運べ!落とさないようにね…

    【吉田輝和の絵日記】『DEATH STRANDING』ルートを決め、装備を選択し、荷物を運べ!落とさないようにね…

  4. 『レインボーシックス シージ』四肢貫通の仕様変更解説が公開―手足越しでもヘッドショット可能に

  5. 「X019」では「Project Scarlett」の情報発表はなし―XboxマーケティングGMがTwitterで明かす

  6. 『デモンエクスマキナ』×「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」コラボ決定!「ニルヴァーシュ」で戦場を駆け抜けろ

  7. HDリマスター版『ロマサガ3』追加エピソードが語られる新ダンジョン「暗闇の迷宮」公開!主要キャラたちの過去が明らかに

  8. 『ポケモン ソード・シールド』新要素「ワイルドエリア」を先行体験!様々なポケモンとの遭遇を楽しめる「Pokemon Wild Area Search」提供開始

  9. 『ポケモン ソード・シールド』冒険の始まりは目前!新ポケモンや新要素も映るファイナルPV公開

  10. ネタバレ防止のため『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』はEA Access先行トライアルを実施せず

アクセスランキングをもっと見る

page top