3DSのバグを発見して賞金ゲット?任天堂が海外で報奨金プログラムを開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

3DSのバグを発見して賞金ゲット?任天堂が海外で報奨金プログラムを開始

任天堂は、海外向け脆弱性調整/バグ報奨金プラットフォームのHackerOneを通じて、3DS本体のバグ発見者に報奨金を支払うプログラムを開始しました

携帯ゲーム 3DS
3DSのバグを発見して賞金ゲット?任天堂が海外で報奨金プログラムを開始
  • 3DSのバグを発見して賞金ゲット?任天堂が海外で報奨金プログラムを開始
任天堂は、海外向け脆弱性調整/バグ報奨金プラットフォームのHackerOneを通じて、3DS本体のバグ発見者に報奨金を支払うプログラムを開始しました

3DSファミリーの脆弱性情報にのみ関心があるという任天堂によれば、「ゲームアプリケーションのダンピング」「コピーされたゲームアプリケーションの実行」などのいわゆる海賊行為(著作権侵害)、「ゲームアプリケーションの改造」「セーブデータの改造」といった不正行為、そして子どもへの不適切コンテンツの普及を防止することに注力しているとのこと。

そのため、任天堂は3DSに搭載されている2つのCPU、ARM 11およびARM 9に関する脆弱性、もしくは3DSハードウェアに関する脆弱性の情報を求めているようです。任天堂から第1発見者に支払われる報奨金は、100ドルから20,000ドルになりますが、報告された脆弱性に対処するかは任天堂が決定する権利を持ち、報酬額は、情報の重要性と報告書の品質に依存します。

また、発見者によって報告された脆弱性が任天堂によって修正されたとしても、古いバージョンのシステムでは依然として脆弱性は存在したままとなります。このことから、発見者は、報告した脆弱性を公表してはならない、ということに同意する必要があるとのことです。

なお、HackerOneへの報告に国籍などの指定はありませんが、レポートは英語で書かなければならず、使用している3DSの機種(New 3DS、初期型3DSなど)、3DSを使用しているリージョンなど、いくつかのテンプレートに従って執筆する必要がありますので、詳しくはこちらを参照ください。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. ソニー、PSP向けのApp Store型ゲーム配信サービス『minis』を正式発表

    ソニー、PSP向けのApp Store型ゲーム配信サービス『minis』を正式発表

  2. 発売から7年…「PS Vita」の出荷が完了─携帯型PlayStationの歴史にひと区切り

    発売から7年…「PS Vita」の出荷が完了─携帯型PlayStationの歴史にひと区切り

  3. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

    ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

  4. 海外レビューハイスコア 『Echochrome』(無限回廊)

  5. 「ゲームに登場するスゴい忠犬」独自発表 − 海外ゲーマー VS Game*Spark

  6. 立体感をチェック!『3D ベア・ナックルII』3Dゲームプレイ動画公開

  7. 『ドラゴンクエストビルダーズ』PS Vita同梱版が発売決定 ─ 本体はメタルスライムデザインの特別仕様

  8. コナミが放つ恋愛シミュ最新作『Brooktown High Senior Year』はこんなゲーム

  9. 「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

  10. 『PSP2』の噂続報… 「PS3と同等にパワフル」「物理メディアを採用」「早くて10月発売」

アクセスランキングをもっと見る

1
page top