ミニファミコン海外版「NES Classic Edition」は約20万台販売―11月に米国で | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ミニファミコン海外版「NES Classic Edition」は約20万台販売―11月に米国で

海外版ファミコンことNintendo Entertainment System(NES)の小型化リバイバル製品として11月11日に発売された「NES Classic Edition」。

ニュース ゲーム業界
ミニファミコン海外版「NES Classic Edition」は約20万台販売―11月に米国で
  • ミニファミコン海外版「NES Classic Edition」は約20万台販売―11月に米国で

海外版ファミコンことNintendo Entertainment System(NES)の小型化リバイバル製品として11月11日に発売された「NES Classic Edition」ですが、米国における11月中の販売台数が19万6千台であったことが売上追跡会社NPD Groupの調査で明らかとなりました。これは4月から9月までのWii U販売台数(22万台)に迫る数字です。各小売店では再入荷後の即日売切れが続いており、もし生産量がもっと多ければ販売台数はさらに伸びただろうと予想されています。


最近CNETのインタビューを受けた米任天堂社長のレジー・フィサメィ氏はNES Classic Editionについて、「全体的な需要は私たちの予想を上回っており、市場での不足に苦しんでいます」と語るとともに、小売販路への出荷が毎日増えていることを伝えています。

国内では「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」として11月10日に発売

米国ではNintendo Switchを除いて最も検索されたゲーム機であったNES Classic Edition。国内のニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータと同じく、その人気はまだまだ続きそうです。ちなみに、オークションサイトeBayでは150~200ドルでの出品が多いようです(元の価格は59.99ドル)。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ユービーアイソフト上級社員セクハラや暴行の告発を受け退社―『アサシンクリード』シリーズ担当

    ユービーアイソフト上級社員セクハラや暴行の告発を受け退社―『アサシンクリード』シリーズ担当

  2. 荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に

    荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に

  3. 『バイオハザード RE:3』キャンペーン全報酬アンロックDLCと『レジスタンス』コスチュームの8月配信発表

    『バイオハザード RE:3』キャンペーン全報酬アンロックDLCと『レジスタンス』コスチュームの8月配信発表

  4. 週末セール情報ひとまとめ『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』『RISK OF RAIN 2』『ライザのアトリエ』他

  5. 辞職したユービーアイ元幹部が「ファンタジーが嫌い」としてアーサー王のゲームを開発中止にしていたことが明らかに【UPDATE】

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『スプリンターセル』元クリエイティブディレクターでもあるユービーアイ重役がセクハラや暴行を告発され辞任

  8. 様々な航空機トラブルに対処せよ! 危機管理シム『Flight Catastrophe』発表

  9. 名優ルトガー・ハウアー死去―『オブザーバー』ダニエル役や海外版『キングダム ハーツIII』ゼアノート役

  10. Epic GamesストアにてローグライクACT『20XX』ローグライクRPG『Barony』アクションADV『スキタイのムスメ:音響的冒険劇』期間限定無料配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top