余りに壮大な『スター・ウォーズ』ファンメイド開発中―日の目を見られるのか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

余りに壮大な『スター・ウォーズ』ファンメイド開発中―日の目を見られるのか

ゲーム文化 インディーゲーム

余りに壮大な『スター・ウォーズ』ファンメイド開発中―日の目を見られるのか
  • 余りに壮大な『スター・ウォーズ』ファンメイド開発中―日の目を見られるのか
海外のゲームアーティストEtienne Beschet氏より、たった1人で開発中のファンメイド「スター・ウォーズ」ゲーム『Star Wars Redemption』の最新スクリーンショットが公開されました。

映画におけるエピソード2からエピソード5の間にあった物語を描くとされる本作は、実写映画やEA DICEが制作した『Star Wars バトルフロント』などではなく、日本でも放映されていたアニメ「スター・ウォーズ 反乱者たち」に似た独特なキャラクターデザインをベースにしているようです。

今回公開されたスクリーンショットは、今作の雰囲気を伝えるために披露されたもので、初期のビルドであるとのこと。これを報じた海外メディアDSOGamingは今作について、著作権の問題から日の目を見ることはないだろう、としながらも、このような壮大なプロジェクトに取り組んでいる個人を目の当たりにできるのは魅力的だ、と伝えています。

なお、ファンメイド「スター・ウォーズ」ゲームに関しては、『Galaxy in Turmoil』というタイトルが開発中止になりましたが、別の宇宙を舞台とし、『Star Wars バトルフロント』にインスパイアされたオリジナルゲームとして開発が進められています。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 狂気の顔面シム『Normal Human Face Simulator』降臨―閲覧注意の喰いちぎりバトル

    狂気の顔面シム『Normal Human Face Simulator』降臨―閲覧注意の喰いちぎりバトル

  2. 『ウィッチャー』ドラマ版にネトフリ「デアデビル」「ザ・ディフェンダーズ」脚本家が参加

    『ウィッチャー』ドラマ版にネトフリ「デアデビル」「ザ・ディフェンダーズ」脚本家が参加

  3. 『Owlboy』のアーティストが手がける『ロックマン』!FC風ファンアートが公開に

    『Owlboy』のアーティストが手がける『ロックマン』!FC風ファンアートが公開に

  4. トレーサーやガンダムも登場! 新作映画「レディ・プレイヤー1」国内向け予告編公開

  5. 『オーバーウォッチ』冬イベント「ウィンター・ワンダーランド」は今年も開催!―新モードや新レジェンダリスキンが予告

  6. ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. PSXが閉幕!まるでテーマパークだった会場のアトラクションを紹介【PSX17】

  9. Chucklefishが『Stardew Valley』マルチプレイのベータ配信延期を発表

  10. 「The Game Awards 2017」に潜入!会場の熱気をフォトレポでお届け【TGA17】

アクセスランキングをもっと見る

page top