次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加

Ubisoftより2016年にリリースされたオープンワールドタイトル『ウォッチドッグス 2(Watch Dogs 2)』。国内外で配信されたアップデート1.11にてエンディングが一部追加された、と海外メディアが報告しています。

ニュース
次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加
  • 次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加
!注意!本記事にはネタバレ表現が含まれています。閲覧にはご注意ください。

Ubisoftより2016年にリリースされたオープンワールドタイトル『ウォッチドッグス 2(Watch Dogs 2)』。国内外で配信されたアップデート1.11にてエンディングが一部追加された、と海外メディアが報告しています。

10GBを超える本パッチでは、今後配信予定の有料DLC「Human Conditions」の準備に絡んだロケーションや、新衣装/エモート/ダンスを導入していますが、「ナラティブ」の項目では、エンディングに何かを追加した旨が記載されています。

この”何か"に当たるのは、エンディング部分に追加された2分30秒ほどの新たなシーン。アップデートを適用すると、主人公らが所属するDedSecの声明ムービーと、正体不明の男2名が交わす怪しげな会話を視聴可能(海外ユーザーによる英語版映像)に。男2名の会話内容は、DedSecの下位組織が中東、南米、ヨーロッパなどに誕生し、ハクティビストが増えている、というもので、男はこの会話を受け、「そうか、電話しろ」などと会話を続けます。

また、この男2名の会話音声ファイル名が「51.462014, -0.112504.wav」と座標のようになっており、そこがイギリス、ロンドンのブリクストンを示していることから、次回作、あるいは『ウォッチドッグス 2』DLCの舞台がロンドンになるのではないか、と海外メディアKotakuが予想しています。

KotakuがUbisoftに問い合わせたところ、担当者は「プロダクションチームは、『ウォッチドッグス』の伝承を拡張し、DedSecの潜在的な未来をほのめかすため、キャンペーンの終わりに何かを少しだけ入れたかった」とコメントしたとのこと。

なお、ゲームのエンディングが、発売後のパッチによって追加/変更されることは過去にもあり、2012年の『Mass Effect 3』や2010年の『Portal』などが例として挙げられています。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ディビジョン2』新メインミッションやレイド難易度など追加するメンテナンスが7月23日16時半より実施

    『ディビジョン2』新メインミッションやレイド難易度など追加するメンテナンスが7月23日16時半より実施

  2. 『オーバーウォッチ』新ヒーロー「シグマ」発表! 恐怖感じるオリジン・ストーリー公開

    『オーバーウォッチ』新ヒーロー「シグマ」発表! 恐怖感じるオリジン・ストーリー公開

  3. スイッチ/PS4『鬼ノ哭ク邦』体験版配信―セーブデータは製品版に引継ぎが可能

    スイッチ/PS4『鬼ノ哭ク邦』体験版配信―セーブデータは製品版に引継ぎが可能

  4. 『ポケモンGO』伊藤園ジム自販機で「アーマードミュウツー」をゲットせよ!時間指定伝説レイドバトル開催

  5. なんだかんだと聞かれたら…『ポケモンGO』ポケストップに「ロケット団」出現!黒いオーラ纏う「シャドウポケモン」とバトル

  6. テンセント、ポケモンと共同でオリジナルの新作タイトル開発を発表

  7. モバイル向け新作『ロックマンX DiVE』2019年グローバルリリース予定!ティーザー映像公開

  8. 『Mortal Kombat 11』に人気DJ「ディミトリ・ヴェガス」が参戦!? サブゼロ用スキンとして配信決定

  9. 国内PS4版『ARK:Survival Evolved』新マップ「Valguero」などを含む無料アップデート配信

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top