次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加

Ubisoftより2016年にリリースされたオープンワールドタイトル『ウォッチドッグス 2(Watch Dogs 2)』。国内外で配信されたアップデート1.11にてエンディングが一部追加された、と海外メディアが報告しています。

ニュース
次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加
  • 次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加
!注意!本記事にはネタバレ表現が含まれています。閲覧にはご注意ください。

Ubisoftより2016年にリリースされたオープンワールドタイトル『ウォッチドッグス 2(Watch Dogs 2)』。国内外で配信されたアップデート1.11にてエンディングが一部追加された、と海外メディアが報告しています。

10GBを超える本パッチでは、今後配信予定の有料DLC「Human Conditions」の準備に絡んだロケーションや、新衣装/エモート/ダンスを導入していますが、「ナラティブ」の項目では、エンディングに何かを追加した旨が記載されています。

この”何か"に当たるのは、エンディング部分に追加された2分30秒ほどの新たなシーン。アップデートを適用すると、主人公らが所属するDedSecの声明ムービーと、正体不明の男2名が交わす怪しげな会話を視聴可能(海外ユーザーによる英語版映像)に。男2名の会話内容は、DedSecの下位組織が中東、南米、ヨーロッパなどに誕生し、ハクティビストが増えている、というもので、男はこの会話を受け、「そうか、電話しろ」などと会話を続けます。

また、この男2名の会話音声ファイル名が「51.462014, -0.112504.wav」と座標のようになっており、そこがイギリス、ロンドンのブリクストンを示していることから、次回作、あるいは『ウォッチドッグス 2』DLCの舞台がロンドンになるのではないか、と海外メディアKotakuが予想しています。

KotakuがUbisoftに問い合わせたところ、担当者は「プロダクションチームは、『ウォッチドッグス』の伝承を拡張し、DedSecの潜在的な未来をほのめかすため、キャンペーンの終わりに何かを少しだけ入れたかった」とコメントしたとのこと。

なお、ゲームのエンディングが、発売後のパッチによって追加/変更されることは過去にもあり、2012年の『Mass Effect 3』や2010年の『Portal』などが例として挙げられています。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  2. サバイバルACT『LEFT ALIVE』シューティングライクに楽しめる新難易度「CASUAL」 追加

    サバイバルACT『LEFT ALIVE』シューティングライクに楽しめる新難易度「CASUAL」 追加

  3. 16-bitスタイルの2D横スクACT『Driven Out』発表!武術経験無しの少女が戦いに挑む

    16-bitスタイルの2D横スクACT『Driven Out』発表!武術経験無しの少女が戦いに挑む

  4. 『ディビジョン2』8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」含むタイトルアップデート3が5月に延期

  5. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  6. オープンワールドACT『Forager』PC版が4月18日リリース―お金を稼ぎ、世界を拡げて大冒険

  7. アーケード版『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』の稼働が4月25日に決定

  8. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 「地獄」を構築する建設管理シム『Hell Architect』発表! 夢の地獄を作り出そう

アクセスランキングをもっと見る

1
page top