CD Projekt REDが「Cyberpunk」商標登録の理由を説明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CD Projekt REDが「Cyberpunk」商標登録の理由を説明

先日、デベロッパーのCD Projekt REDが欧州で“Cyberpunk”を商標登録したことにより、コミュニティの間で様々な懸念が浮上していましたが、同社はTwitterにて商標登録の理由や懸念に対する釈明を行いました。

ニュース ゲーム業界
CD Projekt REDが「Cyberpunk」商標登録の理由を説明
  • CD Projekt REDが「Cyberpunk」商標登録の理由を説明
  • CD Projekt REDが「Cyberpunk」商標登録の理由を説明
  • CD Projekt REDが「Cyberpunk」商標登録の理由を説明

先日、デベロッパーのCD Projekt REDが欧州で“Cyberpunk”を商標登録したことにより、コミュニティの間で様々な懸念が浮上していましたが、同社はTwitterにて商標登録の理由や懸念に対する釈明を行いました。


CD Projekt REDは「私たちは弊社の努力を保護したいと考えており、商標を攻撃的に使用するつもりはありません。あくまで自己防衛のためです」と簡潔に回答。また、細かい点については次のように説明しています。

  • Mike Pondsmith氏が作り上げたテーブルトークRPG、「Cyberpunk 2013」と「Cyberpunk 2020」の世界観に基づくビデオゲームを制作する権利を得た時、既に“Cyberpunk”の商標の一部はR. Talsorian Games(Mike Pondsmith氏の会社)によって登録されていた。CD Projekt REDは2011/2012年以降、R. Talsorian Gamesから商標を取得した。
  • Cyberpunk 2077』は大規模なプロジェクトであり、可能な限りのリソースと多大なる労力を費やしている。そのため、正確な名前と命名規則を使用できる唯一の存在であることを保証しなければならない。
  • 世の中には類似した商標を登録し、大金で売ろうとする会社も存在する。第三者に商標を登録されると、私たちが続編を作ろうとした際に『Cyberpunk 2078』や『Cyberpunk 2』の名前が使用できず、さらにはCD Projekt REDが『Cyberpunk』の名前の下でゲームを拡張できなくなってしまう可能性がある。
  • 商標は著作権や特許ではない。これらは全く異なる権利であり、混同してはいけない。
  • 登録商標はビジネスの過程で使用されていなければ(ブランディングや広告など)、“Cyberpunk”という言葉の使用を禁止しない。また、特定の環境や特定のジャンル設定(Sci-Fi、ファンタジー、ホラー、サイバーパンクなど)に排他性を与えるものではない。
  • 米国では2011年に“Cyberpunk”を商標登録している。その背後に悪意のある計画はない。
  • 顧客を混乱させる可能性がある場合にのみ、タイトルでの使用を禁止することができる。
  • 商標権は、ゲームや映画などのジャンルについて語る際に説明のための用語として使用するのを禁止することはできない。


『Cyberpunk 2077』は『The Witcher 3: Wild Hunt』以上の規模で開発が進められ、長期的な展開も示唆されているだけに、こうした商標の管理は特に重要な作業と言えるでしょう。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS Store「ハロウィンセール」100タイトル以上が最大85%OFF!「PS Vitaタイトルセール」も

    PS Store「ハロウィンセール」100タイトル以上が最大85%OFF!「PS Vitaタイトルセール」も

  2. PC版『PUBG』大激戦必至の50vs50が登場!イベントモード「Platoon」10月19日より開始

    PC版『PUBG』大激戦必至の50vs50が登場!イベントモード「Platoon」10月19日より開始

  3. 大事な時にくしゃみ! 裸足にガラスの破片! 新作ステルスACT『Skin Deep』発表

    大事な時にくしゃみ! 裸足にガラスの破片! 新作ステルスACT『Skin Deep』発表

  4. 「G123.jp」公式コスプレイヤー7名を発表!激レアブロマイド当たるキャンペーンも

  5. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」再挑戦!前回の反省踏まえ、より高性能な商品を目指す

  6. 仕事は悪魔祓いだけじゃない!司祭シム『Priest Simulator』発表

  7. 出演作品で大体死ぬ俳優ショーン・ビーンが『ヒットマン2』期間限定ミッションの暗殺対象に!

  8. BlizzCon 2018での『Diablo』関連新情報の発表を告知―完全新作については「長くかかる」?

  9. 『レッド・デッド・リデンプション2』のレビュー解禁は発売前日の10月25日と判明

  10. 地獄ホラー『Agony』の無規制版『Agony UNRATED』やっぱり登場か!? Steamページが出現

アクセスランキングをもっと見る

page top