スイッチ版『オーバーウォッチ』は有り得るのか…Blizzardディレクターが再びコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スイッチ版『オーバーウォッチ』は有り得るのか…Blizzardディレクターが再びコメント

Blizzard EntertainmentのディレクターJeff Kaplan氏は海外メディアインタビューに応じ、『オーバーウォッチ(Overwatch)』のニンテンドースイッチ向け移植について言及しました。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
スイッチ版『オーバーウォッチ』は有り得るのか…Blizzardディレクターが再びコメント
  • スイッチ版『オーバーウォッチ』は有り得るのか…Blizzardディレクターが再びコメント
Blizzard EntertainmentのディレクターJeff Kaplan氏は海外メディアインタビューに応じ、『オーバーウォッチ(Overwatch)』のニンテンドースイッチ向け移植について言及しました。

3月中旬のAMAセッションでも取り上げられていた『オーバーウォッチ』スイッチ版展開へのリクエストですが、Kaplan氏はExpressのインタビューの中で改めて本件に言及しました。Kaplan氏曰く、“最小スペック”の設定に取り組むために「パフォーマンスとプラットフォームの扱い方について再検討することになる」とのこと。現在の『オーバーウォッチ』はPS4/Xbox One/PC版と3つのプラットフォームに対応していますが、「(それぞれに向けて)パッチを同時期にリリースしており、それは最終的に成功しているが、挑戦的なことではある」とコメントしています。

Kaplan氏は『オーバーウォッチ』新プラットフォーム展開によってパッチ対応が更に複雑化していくとの懸念も示しましたが、「現段階で(ニンテンドースイッチ向け展開が)行われていないからと言って、将来的に再度検討することがないという意味ではなく、すべてを考慮している」と主張。移植計画は簡単な道ではないとしながらも、今度の可能性としてゼロではない旨を伝えています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 32 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

    Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

  2. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

    『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  3. コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

    コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

  4. 『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

  5. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

  6. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

  8. 『アサシン クリード オデッセイ』ギリシア神話研究家 藤原シシンさんが語るコメンタリー動画が公開

  9. PS4新作『GUNGRAVE GORE』はハーフ・オープンワールドに―IGGYMOBセッションレポート【TGS2018】

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』には一人称視点モードが搭載!―海外ハンズオンで判明

アクセスランキングをもっと見る

page top