スイッチ版『オーバーウォッチ』は有り得るのか…Blizzardディレクターが再びコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スイッチ版『オーバーウォッチ』は有り得るのか…Blizzardディレクターが再びコメント

Blizzard EntertainmentのディレクターJeff Kaplan氏は海外メディアインタビューに応じ、『オーバーウォッチ(Overwatch)』のニンテンドースイッチ向け移植について言及しました。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
スイッチ版『オーバーウォッチ』は有り得るのか…Blizzardディレクターが再びコメント
  • スイッチ版『オーバーウォッチ』は有り得るのか…Blizzardディレクターが再びコメント
Blizzard EntertainmentのディレクターJeff Kaplan氏は海外メディアインタビューに応じ、『オーバーウォッチ(Overwatch)』のニンテンドースイッチ向け移植について言及しました。

3月中旬のAMAセッションでも取り上げられていた『オーバーウォッチ』スイッチ版展開へのリクエストですが、Kaplan氏はExpressのインタビューの中で改めて本件に言及しました。Kaplan氏曰く、“最小スペック”の設定に取り組むために「パフォーマンスとプラットフォームの扱い方について再検討することになる」とのこと。現在の『オーバーウォッチ』はPS4/Xbox One/PC版と3つのプラットフォームに対応していますが、「(それぞれに向けて)パッチを同時期にリリースしており、それは最終的に成功しているが、挑戦的なことではある」とコメントしています。

Kaplan氏は『オーバーウォッチ』新プラットフォーム展開によってパッチ対応が更に複雑化していくとの懸念も示しましたが、「現段階で(ニンテンドースイッチ向け展開が)行われていないからと言って、将来的に再度検討することがないという意味ではなく、すべてを考慮している」と主張。移植計画は簡単な道ではないとしながらも、今度の可能性としてゼロではない旨を伝えています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

    PS4/PS Vita『とある魔術の電脳戦機』の販売が一時休止に─プレイ環境や販売再開の見込みなど、セガゲームスが回答

  2. 沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

    沈黙続くPS4新作オープンワールド『WiLD』に新たな動き?SIEが米国で商標登録

  3. 『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

    『レインボーシックス シージ』チームキルされたプレイヤーが故意か判断する機能が告知―許せば不問、故意認定すればダメージ反射オン

  4. 『ドラゴンボール ゼノバース 2』無料で楽しめるLite版がPS4向けに登場!―製品版とのマッチングやデータ引継ぎも可能

  5. 『Anthem』今後の展開が予告―"天変地異"に向けワールドイベント、ストーリーなどを開発中

  6. 『Apex Legends』シーズン1&オクタン実装の新アプデパッチノート!チートBAN数は約50万アカウントに

  7. 『Gears of War 4』年内発売予定の新作『5』で使用可能なスキンとキャラが報酬のイベントを開催!

  8. PS4版『龍が如く5 夢、叶えし者』6月20日発売決定! 五大都市を舞台にした“壮大な物語”再び

  9. 『ぷよぷよeスポーツ』無料アップデートで新モード「チャレンジ」を追加!「いきいき茨城ゆめ国体」の競技タイトルを体験しよう

  10. コナミ50周年記念『アニバーサリーコレクション』シリーズPS4/XB1/スイッチ/Steam向け発表―あの名作が現代ハードに

アクセスランキングをもっと見る

1
page top