Valve、Steamトレーディングカードの仕様を変更―悪意あるユーザーに対策 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、Steamトレーディングカードの仕様を変更―悪意あるユーザーに対策

Valveは、ゲーム配信プラットフォームSteamにおける付加サービス“Steamトレーディングカード”の仕様変更を発表しています。

ニュース ゲーム業界
Valve、Steamトレーディングカードの仕様を変更―悪意あるユーザーに対策
  • Valve、Steamトレーディングカードの仕様を変更―悪意あるユーザーに対策
Valveは、ゲーム配信プラットフォームSteamにおける付加サービス“Steamトレーディングカード”の仕様変更を発表しています。

変更を知らせるエントリでは、先日行われたストア表記の変更の際に触れられた、「ストアのアルゴリズムを悪用して利益を得ようとする悪意あるユーザー」について説明されており、最も悪用が見られるのが“Steamトレーディングカード”。これは本来、熱心なファンやゲーム購入者のためのプレゼントであったシステムです。

しかしながら、悪意あるユーザーが“偽のゲーム”を作成してSteam Greenlightを通じてSteamに登録。トレーディングカードシステムから収入を得るために、Steamキーの発行と大量のBotアカウントへの付与を通じてカードを量産する行為を行ったことで、Steamストアのアルゴリズムに大量の偽データが生まれ、問題を発生させてしまっているとのこと。

この問題に対応するため、Valveは、弊害の多いSteamキーの生成機能の制限は行わず、代わりにトレーディングカードのドロップについて、様々なデータから導き出される、“実在するユーザーが実際にゲームを購入し、プレイしている事を示す信頼基準”が一定以上になったタイトルからのみ、カードがドロップされるように変更することを発表しました。

Valveは、この判定でSteam Greenlightより広い範囲を対象に、大量のデータを用いるため“偽のゲーム”の特定が容易であると発言。また、トレーディングカードのドロップ開始に遅延が生じるゲームは少数にとどまり、正当な開発者やプレイヤーに悪影響を及ぼすことは殆どなく、ストアのアルゴリズムに供給されるデータの品質の大幅改善も期待できるとしています。

そして、このエントリによれば、次回の発表で、ついに、Steam Greenlightに代わる新システム「Steam Direct」の登録料などについて明らかにされるとのこと。今後Steamでリリースされるゲームに大きく関わるものとなるだけに注目が集まるところです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに

    『CONTROL』PC版のEpic Gamesストア時限専売契約金は約11億円―505親会社決算資料から明らかに

  2. 『サイバーパンク2077』の日本語版画面表示が確認できるスクリーンショットが公開

    『サイバーパンク2077』の日本語版画面表示が確認できるスクリーンショットが公開

  3. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

    『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  4. 『フォートナイト』が「バットマン」とコラボ!詳細は9月21日公開の動画で

  5. 終末ロードトリップ『Overland』リリース!『Night in the Woods』パブリッシャーの新作サバイバル

  6. 英「Golden Joystick Awards 2019」各部門のベストを選ぶ投票受付を開始―今年は「Expansion」「Hardware」部門も

  7. 『CODE VEIN』無料体験版アップデート!高難易度&マルチプレイ追加、製品版へのキャラクターメイキング引継ぎも

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. Netflixオリジナル「ナルコス」原作のターンベースストラテジー『Narcos: Rise of the Cartels』発表!

  10. 外骨格アクション『The Surge 2』ローンチトレイラー公開!発売目前のゲームの魅力たっぷり

アクセスランキングをもっと見る

page top