噂:『Kerbal Space Program』開発チームの大多数離脱、一部はValveに移籍か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂:『Kerbal Space Program』開発チームの大多数離脱、一部はValveに移籍か

宇宙開発シム『Kerbal Space Program』を手掛けた、メキシコのインディーデベロッパーSquadのメンバーが、ゲーム配信プラットフォームSteamを擁する大手メーカーValveへと移籍したことが、元Valve従業員によって語られています。

ニュース
噂:『Kerbal Space Program』開発チームの大多数離脱、一部はValveに移籍か
  • 噂:『Kerbal Space Program』開発チームの大多数離脱、一部はValveに移籍か
宇宙開発シム『Kerbal Space Program』を手掛けた、メキシコのインディーデベロッパーSquadのメンバーが、ゲーム配信プラットフォームSteamを擁する大手メーカーValveへと移籍したことが、元Valve従業員によって語られています。


この情報をもたらしたのは、元Valve従業員で建築・環境デザインを担当していたRoger Lundeen氏。同ニュースを伝えるメディアPCGamesNによれば、Podcast配信“Game Dev Unchained”へゲストとして呼ばれた氏は、開始から20分近辺、Modクリエイターの業界参入の話題の中で、「Valveは今でもMod製作者の雇用を行っています」とし、その例として『Kerbal Space Program』開発チームを挙げました。

『Kerbal Space Program』はModではありませんが、PCGamesNの取材に対しValveは、具体的な雇用人数は明らかにしないながらも、この情報を認め「すぐに彼らが何をやっているのかについてもっと多くのニュースをお届けします」とコメント。

また、配信内でLundeen氏はこの移籍が5~6ヶ月前に起こったと指摘していますが、ほぼ該当時期である2016年10月には、『Kerbal Space Program』1.2アップデートに際し、Squadの元従業員が、自身を含む、8名のチームからの離脱をReddit上にて報告しています。当時のPCGamesNの調べではこの数はチームのほぼ全てにあたるとのことです。

更に遡って2016年5月には、海外匿名掲示板4chan上にて、Squadの元従業員を名乗る人物が、同社の給料、労働時間ともに劣悪な労働環境を批判するとともに、『Kerbal Space Program』の開発者が一部解雇されていることを告発しましたが、Squadは疑惑を否定しています。

なお、Squadは2017年3月に『Kerbal Space Program』拡張パックの開発を発表。発売に向け制作進行中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. 新作オープンワールドサバイバルRPG『Windbound - Brave the Storm』発表!PC/海外PS4/XB1/スイッチにて8月28日発売

    新作オープンワールドサバイバルRPG『Windbound - Brave the Storm』発表!PC/海外PS4/XB1/スイッチにて8月28日発売

  3. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  4. Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 対戦型FPS『Cosmic Warfere』AIプレイヤーが悪質行為を連発―開発者「我々は知らない。彼らが学習したようだ」【UPDATE】

  7. 終末世界街づくりシム『END ZONE A WORLD APART』アーリーアクセスを4月2日から開始―21XX年世界は放射能に包まれた!

  8. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  9. コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

  10. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

アクセスランキングをもっと見る

page top