硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに

デベロッパーBattlestate Gamesは、現在クローズドアルファ実施中の新作FPS、『Escape from Tarkov』に登場する「Hideout(隠れ家)」機能の詳細を明らかにしました。

PC Windows
硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに
  • 硬派FPS『Escape from Tarkov』に登場する「隠れ家」機能の詳細が明らかに

デベロッパーBattlestate Gamesは、現在クローズドアルファ実施中の新作FPS、『Escape from Tarkov』に登場する「Hideout隠れ家)」機能の詳細を明らかにしました。


隠れ家は封鎖都市Tarkovからの脱出を試みるプレイヤーが、休息したり、アイテムを保管したり場所です。最初はただの放棄された爆弾シェルターですが、発電機、集水システム、換気、医療施設、偵察センター、暖房、バスルームといったモジュールで構築・改良することで、水分補給やエネルギーの回復、医療品や弾薬の生産などが可能となります。


既に13のモジュールが制作中で、それぞれユニークなボーナスを備えているそうです。モジュールのアンロックや改良の幅を広げるには、様々なリソース、商人へのアクセス、スキルレベルが必要とのこと。また、発電機の燃料が切れると、ボーナスが低下したり無効になるようです。


隠れ家機能はメイン機能と並行して独立開発されており、オープンベータテスト時に搭載予定となっています。公式フォーラムではQ&Aがまとめられているので、いくつかの詳細をピックアップしてご紹介。

  • 将来的には他のプレイヤーを招待できるようになる可能性が高い。

  • 隠れ家はTarkovの安全地帯にあるため、SCAV(略奪者勢力)や他のプレイヤーから襲撃を受けることはない。

  • 発電機に必要な燃料を集める必要がある。

  • 隠れ家はメインメニューからアクセス可能。

  • 隠れ家とSCAVとの関係でクールな機能を追加予定。

  • ポスターにカスタムアートや写真をアップロードする機能(ユーザーからの提案)を検討。

  • 隠れ家は現在のインベントリやスタッシュ、トレーダーの画面を完全に置き換えるものではなく、視覚的に表現したもの。

  • 隠れ家は自由に歩き回れる。

  • クランシステムとの連携も計画。

  • 弾薬を製造するにはガンパウダーなどのリソースが必要。また、製造には時間がかかり、それを短縮するためには関連スキルを強化しなければならない。

  • 隠れ家の入手方法については現時点で未定だが、非常に特別なクエスト報酬になる可能性が高い。

  • 隠れ家はコアゲームの機能ではなく、補足的な機能であるため、カスタマイズ性は低い。

  • 音楽プレイヤーの搭載も計画。

  • アンロック可能なモジュールはアップグレードのツリーを備えており、アップグレードの選択を悩む必要はない。完全にアップグレードされた隠れ家は、利用可能なすべてのモジュールと/アップグレードを備えている。

  • モジュールはティアベースのシステムになり、「エリート」と呼ばれるレアなモジュールも。

  • 隠れ家のために沢山のアイテムを集めなければならない。すべてのモジュールは「5つのツールセット」「4つのカーバッテリー」「5つのインテリジェンススキル」といった前提条件があり、建築を開始するにはそれらの条件をクリアする必要がある。

  • 隠れ家はベーシックセットアップから始まり、インストールするアップグレードやモジュールの選択によってカスタマイズ可能。

  • FalloutのハウジングModのように、ウォールラックに武器、棚に食べ物や飲料を配置するといった機能を検討中、

  • 座ってテレビを見たり、武器を修理するなど、環境との相互作用(ユーザーからの提案)は今後の実装を検討。


まだ開発中ではあるものの非常に気になる『Escape from Tarkov』。公式サイトでは隠れ家のハイクオリティなスクリーンショットが多数掲載されているので、そちらも要チェックです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』チャプター2アップデート配信開始、ローンチトレイラーも公開―新たなワールドに飛び込もう

    『フォートナイト』チャプター2アップデート配信開始、ローンチトレイラーも公開―新たなワールドに飛び込もう

  2. 「サプライドロップやルートボックスといった仕組みは開発していない」―『CoD:MW』開発スタッフがRedditにて発言

    「サプライドロップやルートボックスといった仕組みは開発していない」―『CoD:MW』開発スタッフがRedditにて発言

  3. 『EARTH DEFENCE FORCE: IRON RAIN』Steam版が発売―本体・DLCのセールも開催

    『EARTH DEFENCE FORCE: IRON RAIN』Steam版が発売―本体・DLCのセールも開催

  4. NVIDIA、過去の名作のレイトレーシングリマスターに着手、スタジオ求人が公開

  5. 『セインツロウ 2』PC版、失われたソースコード発見―DLCも収録の新アップデートが準備へ

  6. 『ディビジョン2』海外時間10月15日より大型アップデート「TU6」配信開始―新ストーリーやスペシャリゼーションなど

  7. 『ディビジョン2』大型アップデート「TU6」新情報が続々登場!装備タレント重複無効、新武器「KSG」など

  8. EDF!EDF!シリーズ番外編『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』Steam版発表!10月15日発売予定

  9. 『Quake II RTX』無料配信開始―20年以上前の名作FPSが最新技術で美麗に蘇る

  10. 『Destiny 2』9月に基本無料化!新拡張「影の砦」、PC版のSteam移行も発表

アクセスランキングをもっと見る

page top