『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」国内向けオリジンストーリー映像!―声は中田譲治氏が担当 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」国内向けオリジンストーリー映像!―声は中田譲治氏が担当

昨夜遂にお披露目となった『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」ですが、オリジンストーリー映像の国内向け日本語吹き替え版が公開されました。

メディア 動画
『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」国内向けオリジンストーリー映像!―声は中田譲治氏が担当
  • 『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」国内向けオリジンストーリー映像!―声は中田譲治氏が担当

昨夜遂にお披露目となった『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」ですが、オリジンストーリー映像の国内向け日本語吹き替え版が公開されました。中国のアニメーションスタジオWolf Smokeが手がける本映像では、トレーサー、ゲンジ、ウィンストンと激闘を繰り広げるドゥームフィストの姿が収められています。彼の声を担当するのは様々な作品で多岐にわたって活躍している中田譲治氏です。


    「ドゥームフィスト」プロフィール
    本名: アカンデ・オグンディム, 年齢: 45歳
    職業: 傭兵
    活動拠点: ナイジェリア、オヨ州
    所属: タロン

    「戦いの先に進化がある」

    長い沈黙を破り、ついに脱獄を果たしたドゥームフィスト。彼は戦いこそが人類をさらに強くすると信じ、世界に新たな争いの火種を撒こうとしている。

    アカンデ・オグンディムは義肢設計会社を営むナイジェリアの名家の跡継ぎとして生まれた。高い知性とカリスマ性に恵まれたオグンディムは会社の事業拡大と成長に貢献しながら、プライベートではそのほとんどの時間を格闘技に費やしていた。彼はアフリカの伝統的な格闘技であるダンベやギディグボだけでなく、レスリングを含む近代格闘技も学び、それぞれの長所を彼自身の技として取り入れていった。相手の動きを読む洞察力、そして凄まじいスピードと力を活かした戦いを得意とするオグンディムは、やがてアフリカ中の様々な大会に参加するようになる。

    しかし、彼はオムニック・クライシスの影響で右腕を失い、格闘家としてのキャリアは、全盛期を迎える前に突如として終わりを迎えた。会社のサイバネティックス技術を用いた義肢は失った右腕の代わりとなるだけでなく、これまで以上の力を与えたが、同時にそれは格闘技大会への参加資格を失うことを意味した。彼は格闘技に燃やした情熱をそのまま仕事に向けようとしたが、心の中の虚無感が満たされることはなかった…二人目のドゥームフィスト、そしてヌンバーニの「災禍」、アキンジデ・アデイェミと会うまでは…

    アデイェミは、オグンディムに傭兵として生きる道を示した。疑念を抱きつつ誘いに応じたオグンディムだったが、やがて新たな力を活かせる場所を手に入れたことに気づく。しばらくしてから、アデイェミは彼をタロンという組織に迎え入れた。タロンが持つ「人類は戦いを通して強くなる」という信念は彼自身の経験と強く共鳴し、さらに内部で繰り広げられる権力闘争は、彼の優れた知略を巡らせ、戦いへの渇きを満たすのに最適の場所だった。

    アデイェミはタロンにとって価値ある人材ではあったが、組織はオグンディムが持つ知性、リーダーとしての素質により大きな可能性を感じていた。アデイェミはヌンバーニで金品を略奪するだけで満足していたが、オグンディムはより大きなビジョンを持っていた。そしてその差が二人の命運を決める…オグンディムは師であるアデイェミを殺害し、ドゥームフィストの名と、その名を象徴するガントレットを受け継いだのだ。

    新たなドゥームフィストとなったオグンディムは、タロンでの地位を確実なものとし、彼らが望む「世界を巻き込む戦争」を起こすため暗躍した。しかし、その計画が実を結ぶ前に、オグンディムはトレーサーとウィンストン、ゲンジらで結成されたオーバーウォッチのストライクチームに敗北する。最高度のセキュリティを誇る監獄に収監されたオグンディムは、ただ静かに蒔いた種が芽吹くときを待った。

    そして、ついに彼は帰還すべき時が来たことを悟る。脱獄後、新たに配備されたヌンバーニの警備ロボットOR15達を一方的に破壊し、ドゥームフィストの証であるガントレットを取り戻した。今、オグンディムはタロンの重鎮としてかつての座に返り咲き、再び世界を混乱の渦に巻き込もうとしている。

『オーバーウォッチ』新ヒーロー「ドゥームフィスト」は近日登場予定。ちなみに、英語版の声優は自ら名乗りを上げ、ファンから多数の賛同も得ていたテリー・クルーズ氏…ではなく、ブロードウェイミュージカル「Fela!」で主演を務め受賞経験もあるSahr Ngaujah氏が担当しているとのことです。

Sahr Ngaujah氏
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

特集

メディア アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』シングルプレイヤーがまもなく披露! 俳優マーク・ストロングが声優として参加

    『バトルフィールドV』シングルプレイヤーがまもなく披露! 俳優マーク・ストロングが声優として参加

  2. 開発中止になったHDリメイク版『シェンムー』の映像が海外メディアにて公開―ビジュアルの大幅改善が行われていた

    開発中止になったHDリメイク版『シェンムー』の映像が海外メディアにて公開―ビジュアルの大幅改善が行われていた

  3. 「インタラクティブな悪夢」を謳う新作ホラー『Infliction』ローンチトレイラー!

    「インタラクティブな悪夢」を謳う新作ホラー『Infliction』ローンチトレイラー!

  4. 『DARK SOULS REMASTERED』スイッチ版の紹介映像―死にゲーに挑むコツとは?

  5. 『CoD:BO4』ゾンビモード4つ目のマップ「極秘」は懐かしの旧作マップ―海外メディア映像

  6. 「もし現実で“ファストトラベル”出来たら?」海外クリエイターが実写パロディ映像公開

  7. PC/Mac/Linux版『Cities: Skylines』新DLC「Industries」海外発表!

  8. 『Call of Juarez: Gunslinger』主人公が『レッド・デッド・リデンプション 2』主人公へ贈る言葉……同作に新たな動き?それとも

  9. 世界観がヤバすぎる新作シューター『Atomic Heart』トレイラー! パラレルワールドのソ連で秘密を暴く

  10. 海外メディアにて『Fallout 76』のプレイ映像が続々公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top