ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース

ゲーム文化 カルチャー

ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース
  • ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース
  • ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース
  • ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース
  • ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース
  • ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース
  • ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース
  • ダンジョンマップ制作ツール『Dungeon Builder』がスゴイ―正式版がリリース
過去に公開されたトレイラー

Hobbyteは、斜め見下ろし視点の美麗なダンジョン見取り図を簡単制作可能なツール『Dungeon Builder』の正式版をリリースしています。

読者の皆様の中には、テーブルトークRPGやゲームブックなどで、「マップの図解があれば便利だなあ、でも絵心が……」と思った経験のある方もいるかもしれません。そんな時に役立つ本ツールは、パーツを選んでポイントへ置いていくだけで、見事な手書き風のダンジョンの見取り図画像が制作できるというもの。


なにもないところにパーツを置いていけば……

操作は簡単。画面左のパーツ一覧からパーツの種類とパーツを選んで、パーツを配置したい任意の地点で左クリックを押すだけ。

あっという間にそれらしく

これを繰り返すだけで本格的な、手書き風のダンジョン画像を手にすることができます。作成したダンジョン画像は印刷に適した形式で出力を行うことも可能です。

壁や床以外のオブジェクトも大量に用意されている

また、本ツールにはTRPG支援機能が組み込まれており、トークンの利用や、ダイスロールを行うこともできます。

テキスト入力も可能

『Dungeon Builder』は有料(要アカウント登録及びログイン)となっており、59ポンドで非商用利用の可能な本体、年間売上70.000ポンド未満の事業者が使用可能なIndieライセンス版が379ポンド、売上70.000ポンド以上の事業者が使用可能なProライセンス版は779ポンドで購入することが可能です。

背景部分の色や紙テクスチャを設定すればより手書きらしく

本ツールは、けして非常に安価なものではありませんが、A5サイズのマップのみの作成が可能で、作成したマップのセーブのできないデモ版も用意されているので、気になる方は触ってみてはいかがでしょうか?

ダイスロール機能も搭載

『Dungeon Builder』デモ版は、通常の本体をダウンロード後、アカウントの入力画面でユーザー名、パスワードともに“demo”と入力することで起動可能です。なお、本ツールの初回起動時には、“Documents\Hobbyte\DungeonBuilder”以下のフォルダに本体に同梱されている、DungeonBuilder.cfgおよびCustomフォルダとその内容を手動でコピーする必要があります。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Fallout 4』にDLC規模の新要素を追加するMod「Northern Springs」公開!ー「Far Harbor」よりも大きい

    『Fallout 4』にDLC規模の新要素を追加するMod「Northern Springs」公開!ー「Far Harbor」よりも大きい

  2. もしも「マトリックス」が早期アクセスゲームだったら…なファンムービー

    もしも「マトリックス」が早期アクセスゲームだったら…なファンムービー

  3. 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

    約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

  4. 映画版『メタルギア』監督がシリーズ31周年を祝ってキャンベルからのメッセージ映像を公開!"31"日間コンセプトアートを公開し続ける企画も

  5. ファンによるPC向け『P.T.』リメイクが公開停止に―コナミは17歳の開発者にインターンを提供

  6. 『フォートナイト』Ninjaのチャリティ放送に約1100万円をポンと寄付する匿名視聴者が登場

  7. 『アサシン クリード オデッセイ』2人の主人公になりきるための公式コスプレガイドが公開!

  8. 世界初のアダルトe-Sports?モバイルゲーム『戦車少女同盟』海外アダルト版で賞金総額25,000ドルの大会開催へ

  9. 世紀末メシを再現できる『Fallout』公式レシピブックが予約販売スタート【UPDATE】

  10. もし『P.T.』が1998年に作られていたら…? 粗いビジュアルが逆に怖いデメイク版登場

アクセスランキングをもっと見る

page top