『PUBG』ついに同時接続プレイヤー数が50万人突破、クレートも高額で取引 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』ついに同時接続プレイヤー数が50万人突破、クレートも高額で取引

PC Windows

『PUBG』ついに同時接続プレイヤー数が50万人突破、クレートも高額で取引
  • 『PUBG』ついに同時接続プレイヤー数が50万人突破、クレートも高額で取引
  • 『PUBG』ついに同時接続プレイヤー数が50万人突破、クレートも高額で取引

BlueholeがSteam早期アクセス中の人気バトルロワイアルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』。同作の最大同時接続数が50万人を突破したことを同作ディレクターのPLAYERUNKNOWN氏が発表しています。

氏が掲示した同時接続数は51万9千人。これは『Counter-Strike: Global Offensive』に対して2万人ほど少ない数字であり、この破竹の勢いでの売上が続くのであれば、長らくSteamの同時接続数2位の座に常時君臨してきた同作を抑え、新たなSteamの目玉タイトルとなる日も遠くはないでしょう。


また、7月度アップデートにて試験的に導入された新クレートの「Steamコミュニティマーケット」上での取引も非常に好調となっており、本記事執筆時点で“GAMESCOM INVITATIONAL CRATE”が395円、“SURVIVOR CRATE”が443円、“WANDERER CRATE”が238円。いずれも1時間に数千件が取引される状態となっています。

「Steamコミュニティマーケット」について詳しく説明すると、これはSteamのユーザーがゲーム内アイテムを出品、Steam上でゲーム購入などにも使える通貨“Steamウォレット”を使って売買が可能である仕組み。また、アイテムの取引毎に取引金額の1割がゲームメーカー側へと還元されるようになっており、活発な取引はメーカーへの利ともなります。今回『PUBG』に実装されたクレートはいずれも非常に簡単にゲーム内マネーで確定で手に入る物となっており、同作プレイヤーは一定時間のゲームプレイで、Steam上でしか利用できないとはいえ、実質上の現金を数百円単位で手にすることが可能な状態となっています。

なお、クレートから排出されるアイテムの方は1週間の取引制限がかかっており、2017年8月10日より順次取引可能となるため、クレートの価格の高止まりはずっと続くものではなさそうですが、それでも今度はレアな衣装アイテムが非常に高い価格で取引されることになりそうです。

ゲーム内スキンの排出・取引システムについては、本時点でSteamの同時接続数1位、2位の『Dota 2』『Counter-Strike: Global Offensive』が大きな成功を収めており、『PUBG』もこのままゲーム内衣装アイテムの実装体制が整えば、それらのタイトルに並ぶようなマーケットの持続した活気及び、それを背景とした更なる躍進を得ることができるのかも知れません。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 28 件

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. PC版『アサシン クリード4 ブラックフラッグ』が期間限定無料配布!―シリーズ生誕10周年記念

    PC版『アサシン クリード4 ブラックフラッグ』が期間限定無料配布!―シリーズ生誕10周年記念

  2. サンドボックスRPG『My Time at Portia』の早期アクセス日が決定!―心和む最新トレイラーも

    サンドボックスRPG『My Time at Portia』の早期アクセス日が決定!―心和む最新トレイラーも

  3. 週末セール情報ひとまとめ『RUINER』『Cuphead』『H1Z1』『No Man's Sky』『Stardew Valley』他

    週末セール情報ひとまとめ『RUINER』『Cuphead』『H1Z1』『No Man's Sky』『Stardew Valley』他

  4. 硬派FPS『Escape from Tarkov』オープンβに向けた負荷テストが年末に実施―登録ユーザーの招待も

  5. PC版『PAYDAY 2』がタランティーノ映画「レザボア・ドッグス」とコラボ―原作オマージュ映像も

  6. 16bit風アクションRPG『CrossCode』日本語正式対応!

  7. 人気カードゲーム『Heart of Crown PC』Steam配信―実績対応/パッケージ版とクロスプレイも

  8. 大規模宇宙シム『Star Citizen』をCrytekが提訴―エンジンライセンス違反を主張

  9. 『ファイプロ ワールド』正式版配信日決定!高山選手チャリティーDLCや団体運営モードも

  10. 『BLESS』の日、12月は限定アイテムコードがプレゼント―アップデート情報も

アクセスランキングをもっと見る

page top