『PUBG』アイテム目当てのファーミングが増加中?―海外ユーザーが問題提起 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』アイテム目当てのファーミングが増加中?―海外ユーザーが問題提起

大人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』において、ある海外YouTuberが、マーケット内で高騰しているクレートやスキン目当てのファーミングの増加による問題を指摘しました。

PC Windows
『PUBG』アイテム目当てのファーミングが増加中?―海外ユーザーが問題提起
  • 『PUBG』アイテム目当てのファーミングが増加中?―海外ユーザーが問題提起

800万セールスを突破し、Steamの同時接続数トップにも躍り出た大人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDSPUBG)』。しかし、ある海外YouTuberが、マーケット内で高騰しているクレートやスキン目当てのファーミングの増加による問題を指摘しました。

海外YouTuberのrivaLxfactor氏が投稿した映像では、パラシュート降下後、一塊になって平原の上で動かず、周辺のプレイヤーがキルされても微動だにしないキャラクターが実に12人も存在することが確認できます。また、投稿された映像の説明文によると、同氏が生配信中に行った調査では1マッチにつき平均で10~20人のbotかAFKが存在したと伝えています。

記事執筆時点では、Gamescom Invitational Crateが約314円、SURVIVOR CRATEが約131円、Pleated Mini-skirt (Black)が約19,750円、Camo Hotpantsが約12,969円と高額で取引されており、Steamフォーラムでもファーミングの増加に対する議論が行われています。また、海外のゲームライターであるEvan Lahti氏も、この問題提起を受けて調査映像を投稿しており、こちらでは1回のマッチで13~14人のbot或いはAFKの存在を確認可能です。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. ジョン・ロメロ手がける初代『DOOM』精神的後継作『SIGIL』のリリースが延期に

    ジョン・ロメロ手がける初代『DOOM』精神的後継作『SIGIL』のリリースが延期に

  2. ハクスラ『Torchlight Frontiers』クローズドアルファ3テストの実施を海外向けに発表

    ハクスラ『Torchlight Frontiers』クローズドアルファ3テストの実施を海外向けに発表

  3. 勇者が救った後の世界を再建するRPG『Littlewood』900万円以上集めKickstarter成功!

    勇者が救った後の世界を再建するRPG『Littlewood』900万円以上集めKickstarter成功!

  4. 『Apex Legends』人気の影響で「名前が似てる別のVRゲーム」へのストアページアクセスが4,000%超え

  5. シューター初心者に捧ぐ!「エイム力を磨けるPC用FPS&練習ソフト」4本を徹底比較

  6. 魔法バトロワRPG『Spellbreak』非公開アルファ開始!呪文を組み合わせて生き残れ【UPDATE】

  7. 老舗宇宙MMO『EVE Online』たった1人の裏切りで大規模同盟が瓦解寸前に、同盟リーダーは永久BAN

  8. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  9. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  10. 『Minecraft』世界の果ての伝説の地「ファーランド」を目指して4年以上の旅―ギネスプレイヤーKurt J.Mac

アクセスランキングをもっと見る

page top