『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBAN | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBAN

ニュース 発表

『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBAN
  • 『PUBG』早期アクセス版発売以降、15万人以上のチーターをBAN
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』のクリエイティブディレクターBrendan Greene氏は、本作中のチーターを15万人以上BANした、と報告しました。

本作は、アンチチートシステム「BattleEye」を採用していますが、2017年3月のSteam早期アクセス版リリース以降、実に15万人以上のチート使用者をBAN。また、直近24時間でのBAN人数も8,000人以上に及んでおり、継続的にチート使用への取り締まりが行われていることが確認できます。

なお、『PUBG』の開発元Blueholeは、チート以外の不正行為防止にも力を入れており、9月14日に配信されたばかりの最新アップデートでは、ゲームを遊ばずに放置して、ゲーム内通貨を貯めていく「BPファーミング」が行えないようになりました。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 23 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 警察パトロール隊シム『City Patrol: Police』発表! 激しいカーチェイス満載

    警察パトロール隊シム『City Patrol: Police』発表! 激しいカーチェイス満載

  2. 第一次世界大戦の物語描く新作ADV『11-11: MEMORIES RETOLD』が海外発表

    第一次世界大戦の物語描く新作ADV『11-11: MEMORIES RETOLD』が海外発表

  3. 『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

    『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

  4. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

  5. リマスター版『バレットウィッチ』がSteam配信決定! 4K解像度対応やゲームバランス調整も

  6. Xboxマーケティング部門ベテランディレクターが退職、18年にわたる活動にピリオド

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  9. リアル?な猫RPGシミュレーター『Max and Maya: Cat simulator』今春登場!

  10. DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top