ValveがSteamVR向けの次世代VRコアコンポーネントを提供開始―新たなカスタムレンズ開発 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ValveがSteamVR向けの次世代VRコアコンポーネントを提供開始―新たなカスタムレンズ開発

昨今VR方面にも注力しているValveは、ハードウェアメーカーが最高クラスのVRシステムを構築するために必要な、新しい次世代VRコアコンポーネントの提供を開始したと発表しました。

ゲーム機 VR
ValveがSteamVR向けの次世代VRコアコンポーネントを提供開始―新たなカスタムレンズ開発
  • ValveがSteamVR向けの次世代VRコアコンポーネントを提供開始―新たなカスタムレンズ開発

昨今VR方面にも注力しているValveは、ハードウェアメーカーが最高クラスのVRシステムを構築するために必要な、新しい次世代VRコアコンポーネントの提供を開始したと発表しました。

    「ワールドクラスのVRには、高精度のトラッキングとそれに見合う光学技術およびディスプレイ技術、そしてそれらのコンポーネント間の相互作用を作るソフトウェアスタックが必要です」―Jeremy Selan, Valve

Valveは今回の発表とともに、新しいカスタムレンズがHTC ViveやOculus Riftで使用されているOLEDパネルだけでなく、MicrosoftのWindows Mixed Realityヘッドセットで使用されいてる低残像LCDにも対応していることを明らかに。85~120°の視野角で最高品質のVR視覚体験を可能にするとのことです。

その他、「Watchman」トラッキングモジュールのリファレンスデザインと「SteamVR トラッキング 2.0」搭載のValve製ベースステーションによって、今後もフルルームスケールのサブミリメートルトラッキング技術を提供し続けていくと述べています。

まだまだ進化途中のVR。今後のさらなる発展が楽しみです。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

    携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

  2. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

    VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  3. Oculus Riftが全世界規模で利用不能…原因は「期限切れセキュリティ証明書」

    Oculus Riftが全世界規模で利用不能…原因は「期限切れセキュリティ証明書」

  4. ビジネス向け「Oculus Go」バンドルが発売開始ー64GB版が商用ライセンス等付属で299ドル

  5. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  6. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

  7. 『キングダム ハーツ VR エクスペリエンス』無料配信!シリーズの歴史をVRで振り返る

  8. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」E3トレイラー!【E3 2018】

  9. Steam、Linuxゲームサポート強化の新「Steam Play」発表!DX12/OpenVR対応の新システム公開へ

  10. 「Windows Mixed Reality」ヘッドセットの発売時にはSteamVRは利用できず

アクセスランキングをもっと見る

page top