「SteamVR」が最大10m四方のルームスケールをサポートへ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「SteamVR」が最大10m四方のルームスケールをサポートへ

ゲーム機 VR

「SteamVR」が最大10m四方のルームスケールをサポートへ
  • 「SteamVR」が最大10m四方のルームスケールをサポートへ
Valveは、同社のVR規格「SteamVR」のトラッキング用ベースステーションのOEM向けアナウンスの中で、同VR規格のトラッキング機能アップデート計画の更なる情報を公開しています。

アナウンスによれば、このアップデート「SteamVR Tracking 2.0」は、ローンチ当初は今までのHTC Viveのベースステーション同様、最大2つのベースステーションまでのサポートですが、2018年初頭に、最大4つのベースステーションと、それを用いた10m四方のルームスケールのサポートが予定されているとのことです。また、将来的には更に多くのベースステーションをサポートする予定となっています。

SteamVRの特徴とも言えるルームスケール。10m四方の広さともなると、日本の家庭でその力を最大限に活かすことは難しいかもしれませんが、VRアトラクションなどで更なる自由なVR体験が期待できそうです。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. XB1/Win10向け「初代Xboxコントローラー復刻版」3月末に海外で発売!価格も明らかに

    XB1/Win10向け「初代Xboxコントローラー復刻版」3月末に海外で発売!価格も明らかに

  2. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

    セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  3. アバーメディア、一眼レフ・ビデオカメラ向けキャプチャデバイス「BU110」を発売

    アバーメディア、一眼レフ・ビデオカメラ向けキャプチャデバイス「BU110」を発売

  4. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  5. 記野直子の『北米ゲーム市場分析』2015年2月号―アメリカは好景気!

  6. 『TES V: Skyrim VR』とPlayStation VRとのバンドル版が海外発表!

  7. 『INSIDE』のサウンドは人間の頭蓋骨を通して録音されていた!

  8. ハードウェアメーカー「Mad Catz」が復活へ―経営陣刷新、新製品も発表予定

  9. 【PS4発売特集】スマホと連携!PlayStation Appで出来ることをチェック

  10. 『Mortal Kombat X』デザインの前面6ボタンコントローラーが予約開始―49.99ドルで4月発売予定

アクセスランキングをもっと見る

page top