台湾萌え米ゲー『東津萌米-穗姫』日本語版デモ配信開始!―パッケージ日本販売予定も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

台湾萌え米ゲー『東津萌米-穗姫』日本語版デモ配信開始!―パッケージ日本販売予定も

PC Windows

台湾萌え米ゲー『東津萌米-穗姫』日本語版デモ配信開始!―パッケージ日本販売予定も
  • 台湾萌え米ゲー『東津萌米-穗姫』日本語版デモ配信開始!―パッケージ日本販売予定も
  • 台湾萌え米ゲー『東津萌米-穗姫』日本語版デモ配信開始!―パッケージ日本販売予定も
  • 台湾萌え米ゲー『東津萌米-穗姫』日本語版デモ配信開始!―パッケージ日本販売予定も
  • 台湾萌え米ゲー『東津萌米-穗姫』日本語版デモ配信開始!―パッケージ日本販売予定も

台湾のデベロッパーSimonCreativeは、Steamにてリリース中の擬人化お米育成SLG『東津萌米-穂姫』日本語版デモの配信を開始しています。


先日もGame*Sparkで取り上げた同作は、台湾を舞台に、農業に従事することになった主人公が、美少女の姿をした稲の精霊「穂姫」と交流しながらお米の栽培を手がける育成SLG+ADVです。デモ版では物語に沿って「穂姫」を育成していくストーリーモードを体験することが可能です。製品版では様々な姿、性格へと「穂姫」を成長させられる育成モードも用意されています。

また、「穂姫」の声を担当するのは人気声優の茅野愛衣さん。担当者によるとフルボイスではなくパートボイスとのことですが、「穂姫」の多数に及ぶ成長パターンの使い分けを楽しむことができるようです。


『東津萌米-穗姫』日本語版は、Steamにて発売中の『東津萌米-穗姫』本体と、日本時間で2017年11月22日夜11時よりSteam配信開始予定の同作拡張パック『東津萌米-穂姫PLUS』双方を購入することによってプレイ可能となります。

なお、開発元であるSimonCreativeからの情報によれば、拡張パックのパッケージ版の日本販売も予定されているとのこと。また、本体のパッケージ版については、2017年10月22日に埼玉にて行われる、「アニ玉祭」の同社ブースにて販売が行われる予定となっています。


『東津萌米-穗姫』日本語版デモはこちらのGoogleDriveよりダウンロードが可能です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドホラー『Welcome to Hanwell』がSteam配信!―奇妙なモンスターが彷徨う街…

    オープンワールドホラー『Welcome to Hanwell』がSteam配信!―奇妙なモンスターが彷徨う街…

  2. リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』ブレクール砲塁攻略戦を披露する最新プレイ映像

    リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』ブレクール砲塁攻略戦を披露する最新プレイ映像

  3. 『Team Fortress 2』大型アップデート「Jungle Inferno」配信!―大規模なバランス調整も

    『Team Fortress 2』大型アップデート「Jungle Inferno」配信!―大規模なバランス調整も

  4. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  5. DMM版『PUBG』“ドン勝”限定Tシャツが配布終了に―ギフトコードが少数になったため

  6. 機械を設計する錬金術パズル『Opus Magnum』配信開始!―『SpaceChem』開発元新作

  7. 「Discord」ビデオ通話&画面共有の試験運用がスタート、正式ローンチは9月以降か

  8. タイ産P.T.風ホラー『Home Sweet Home』が9月にSteam配信!―VRにも対応

  9. 台湾産ホラーADV『返校 -Detention-』日本語版が配信決定―1960年代の文化を色濃く反映

  10. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

アクセスランキングをもっと見る

page top