Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど

Activisionが「ゲーム内課金」と「マッチメイキング」に関する新システムの特許を取得したことが報じられています。

ニュース ゲーム業界
Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど
  • Activision、アイテム課金とマッチメイキングに関する特許を取得―アイテム購入を促す新システムなど
海外メディアRolling Stoneは、Activisionが「ゲーム内課金」と「マッチメイキング」に関する新システムの特許を取得したことを報じています。

この特許は、ゲーム内アイテム課金要素の存在するマルチプレイヤータイトルについて、プレイヤーが購入したアイテムなどによってマッチングに変化を加えるというもの。具体的な例として、ある特定のゲーム内アイテムを所有している有力なプレイヤーと、それを購入する可能性のある他のプレイヤーをマッチングさせることで該当のアイテムの購入を促すことが挙げられます。例えば、プレイヤーのプロフィールの解析を行うことで、スナイパー志望のプレイヤーには、よりハイスキルな、課金アイテムを使用中のスナイパーとマッチングさせるなどの方策を自動で行うなどです。

Activisionのコメントによれば、これはあくまで試験的意図での特許取得であり、このシステムを搭載したタイトルは現時点では存在していないとのことですが、いつかはこのような、ゲーム性にも影響を及ぼす動的な広告要素を持ったタイトルを目にする機会もあるのかもしれません。大型タイトルを中心に取り入れられる機会も増えてきたゲーム内アイテム課金要素だけに、今後の行末も気になる所ではないでしょうか?
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Pathfinder: Wrath of the Righteous』発表!TRPG世界観のRPGシリーズ新作

    『Pathfinder: Wrath of the Righteous』発表!TRPG世界観のRPGシリーズ新作

  2. 『FF7 リメイク』マテリアや召喚獣を加えたバトルシステムを公開!対アプス戦の映像で新要素をまとめてチェック

    『FF7 リメイク』マテリアや召喚獣を加えたバトルシステムを公開!対アプス戦の映像で新要素をまとめてチェック

  3. 日本一ソフトウェア最新作『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』発表!汚染された世界で人類最後の少女「トリコ」を世話するローグライクRPG

    日本一ソフトウェア最新作『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』発表!汚染された世界で人類最後の少女「トリコ」を世話するローグライクRPG

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. Amazonサイバーマンデーがスタート!PS4+ソフト2本セットやOculus Rift S、ゲーミングデバイスなどがセール価格に

  6. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  7. 任天堂、『リングフィット アドベンチャー』品薄についてお詫び―年末に向けて出荷数を増加

  8. 『BLUE PROTOCOL』圧倒的アニメ調グラフィックとド派手アクションを魅せる初PV公開!クローズドαに読者500名をご招待

  9. Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

  10. 『鉄拳7』「ザフィーナ」&完全新規キャラ「LEROY SMITH」発表―シーズンパス3は9月より配信

アクセスランキングをもっと見る

1
page top