『Gears of War 4』Xbox One X仕様が発表―1080p/60fpsと4K/30fps切替可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Gears of War 4』Xbox One X仕様が発表―1080p/60fpsと4K/30fps切替可能

The Coalitionは、人気シューター『Gears of War 4』のXbox One X上におけるビジュアル強化の仕様を明らかにしました。

家庭用ゲーム Xbox One
『Gears of War 4』Xbox One X仕様が発表―1080p/60fpsと4K/30fps切替可能
  • 『Gears of War 4』Xbox One X仕様が発表―1080p/60fpsと4K/30fps切替可能

The Coalitionは、人気シューター『Gears of War 4』のXbox One X上におけるビジュアル強化の仕様を明らかにしました。

発表によれば、レンダリングはパフォーマンスモードとビジュアルモードの二種類からの選択が可能。パフォーマンスモードではフレームレートを重視して、一部のビジュアル強化のみが適応される形になっており、1080p、60fpsでの動作が可能です。

対して、ビジュアルモードは、Ultra Qualityのテクスチャ及び4K対応を含む全てのビジュアル強化を使用するモード。こちらは4K、30fpsでの動作となります。これらのフレームレートについてはCampaignとHordeモードに対するもので、Versusモードではいずれのレンダリングモードでも最大4K、60fpsでの動作です。

なお、Xbox One Xでのビジュアル強化要素としては、テクスチャの解像度の向上だけでなく、ゴッドレイ、ダイナミックシャドウ、描画距離増加、反射表現の強化等が挙げられています。他にもXbox One Xでは、ドルビーアトモス規格に対応するとのことです。

『Gears of War 4』Xbox One X対応アップデートは2017年11月7日に無料配信予定。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』コンソールでのマウス&キーボード使用は「容認していない」―検知の手段を模索中

    『Apex Legends』コンソールでのマウス&キーボード使用は「容認していない」―検知の手段を模索中

  2. 『DEAD OR ALIVE 6』150万ダウンロード突破!「シーズンパス2」は7月23日より配信

    『DEAD OR ALIVE 6』150万ダウンロード突破!「シーズンパス2」は7月23日より配信

  3. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』最後の大型アップデート「MERCENARIES」登場!トレイラーも公開

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』最後の大型アップデート「MERCENARIES」登場!トレイラーも公開

  4. 『Gears of War』シリーズ最新作『Gears 5』国内向けに予約受付開始!

  5. 小島秀夫監督最新作『DEATH STRANDING』ファイナル・キービジュアルがお披露目!

  6. 遂に到来した『Apex Legends』シーズン2では何が変わった?注目の新要素をまとめて紹介

  7. 「ふもふもドリーム」ください―『VA-11 Hall-A』が日比谷Barとカクテルコラボ

  8. 『オーバーウォッチ』新ヒーローを示唆する意味深ティーザーが公開―キーワードは「Σ」

  9. 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種が公開!

  10. ニンテンドースイッチ、バッテリー持続時間が向上した新モデルが登場─持続時間は4.5~9時間、価格は据え置き

アクセスランキングをもっと見る

page top