Xbox One下位互換機能の初代Xbox対応開始が国内向けに発表!―日本語版対応タイトルも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox One下位互換機能の初代Xbox対応開始が国内向けに発表!―日本語版対応タイトルも

先日海外向けに発表されていた、Xbox One下位互換機能の初代Xbox対応開始が国内向けにも発表されました。日本語版対応タイトルも明らかとなっています。

家庭用ゲーム Xbox One
Xbox One下位互換機能の初代Xbox対応開始が国内向けに発表!―日本語版対応タイトルも
  • Xbox One下位互換機能の初代Xbox対応開始が国内向けに発表!―日本語版対応タイトルも

先日海外向けに発表されていた、Xbox One下位互換機能の初代Xbox対応開始が国内向けにも発表されました。日本語版対応タイトルも明らかとなっています。


下位互換機能対応の初代Xboxゲームは、Xbox OneおよびXbox One Sでは従来の4倍、Xbox One Xでは16倍のピクセル数で描画されるとのことで、オリジナル版発売当時とは印象が大きく変わるかもしれません。いずれもゲームディスクXbox Oneに挿入してプレイが可能。Microsoft Storeでのダウンロード販売も行われています。さらなる対応タイトルは2018年春に登場予定となっています。

初代XboxとXbox One Sでの比較

また、一部のXbox 360ゲームは11月7日に発売されるXbox One Xでの高解像度化にも対応します。“Heutchy Method”と呼ばれる方法におより、ゲームコードを修正すること無く9倍の高解像度および広域色への対応を実現しています。同様の方法を用いてXbox OneとXbox One Sでも画質が向上するとのこと。以下の4本のXbox 360ゲームが11月7日に“Xbox One X Enhanced”タイトルとして追加されます。


Xbox 360とXbox One Xでの比較
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』コンソールでのマウス&キーボード使用は「容認していない」―検知の手段を模索中

    『Apex Legends』コンソールでのマウス&キーボード使用は「容認していない」―検知の手段を模索中

  2. 『DEAD OR ALIVE 6』150万ダウンロード突破!「シーズンパス2」は7月23日より配信

    『DEAD OR ALIVE 6』150万ダウンロード突破!「シーズンパス2」は7月23日より配信

  3. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』最後の大型アップデート「MERCENARIES」登場!トレイラーも公開

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』最後の大型アップデート「MERCENARIES」登場!トレイラーも公開

  4. 『Gears of War』シリーズ最新作『Gears 5』国内向けに予約受付開始!

  5. 小島秀夫監督最新作『DEATH STRANDING』ファイナル・キービジュアルがお披露目!

  6. 遂に到来した『Apex Legends』シーズン2では何が変わった?注目の新要素をまとめて紹介

  7. 「ふもふもドリーム」ください―『VA-11 Hall-A』が日比谷Barとカクテルコラボ

  8. 『オーバーウォッチ』新ヒーローを示唆する意味深ティーザーが公開―キーワードは「Σ」

  9. 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種が公開!

  10. 『Apex Legends』チート対策を一部紹介―「チーター・スパム同士をマッチメイク」「機械学習BAN」「二段階認証必須化」など

アクセスランキングをもっと見る

page top