『Arma 3』有料Modが発表へ―公式DLC開発の終了と“次のプロジェクト”への移行も告知 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Arma 3』有料Modが発表へ―公式DLC開発の終了と“次のプロジェクト”への移行も告知

Bohemia Interactiveは、ミリタリーサンドボックス『ARMA 3』について、第三者によって作られた有料Modのパブリッシングを行うことを発表しています。

PC Windows
『Arma 3』有料Modが発表へ―公式DLC開発の終了と“次のプロジェクト”への移行も告知
  • 『Arma 3』有料Modが発表へ―公式DLC開発の終了と“次のプロジェクト”への移行も告知
Bohemia Interactiveは、ミリタリーサンドボックス『Arma 3』について、第三者によって作られた有料Modのパブリッシングを行うことを発表しています。

これは、『Arma 3』の開発チームが“次のプロジェクト”への移行を行っており、2018年Q1リリース予定の「Arma 3 Tanks」を持って、公式DLCが開発終了となる公算が高いことを受けてのもの。Bohemiaは、今後の『Arma 3』の開発がスローダウンすることで、同作が安定したコンテンツ作成プラットフォームとなるとしています。

そこで同社は、BRAVO ZERO ONE STUDIOSとのコラボレーションで制作された公式DLC「Arma 3 Jets」のように、コミュニティの素晴らしい開発者を含む外部開発チームと協力して、Steam上でそれらのチームによるModプロジェクトをサードパーティのプレミアムDLCとして公開したいと考えているとのことです。

既にフォーラム上にて公開されている、有料Modのプロジェクト募集に関する概要によれば、これは以前無料であったModをそのまま有料へと置き換えるものではなく、既存のものを有料とする際には別個のものとして内容の拡充が行われるとのこと。有料Modはオプションとなり、購入者のみにデータのインストールがされるものとなります。

なお、Bohemiaによるこれら有料Modの直接の開発支援は行われないとのことですが、コンテンツ作成の技術要件のガイドラインや、品質保証プロセスの実施、マスタリングツールの提供などはなされる模様です。また、有料Modの意図としては、今後数年間にわたり、新しいArma 3コンテンツの安定した流通を確保することであり、過剰な有料Modのリリースでゲームを乱雑にすることがないようにするとしています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. トップダウンバトルロイヤル『Watchers』基本無料で配信開始―監視者として干渉してくる敗退者がカギ

    トップダウンバトルロイヤル『Watchers』基本無料で配信開始―監視者として干渉してくる敗退者がカギ

  2. 淫魔が主役の地獄ホラー『SUCCUBUS』子供は見ちゃダメなゲームプレイ映像公開!

    淫魔が主役の地獄ホラー『SUCCUBUS』子供は見ちゃダメなゲームプレイ映像公開!

  3. 「Steam Remote Play Together」ベータ開始!ローカルマルチゲームがオンラインでプレイ可能に

    「Steam Remote Play Together」ベータ開始!ローカルマルチゲームがオンラインでプレイ可能に

  4. 『ボーダーランズ3』期間限定イベント「血まみれ収穫祭」トレイラー公開―アンデッドを相手に新装備を手に入れよう

  5. PC版『CoD:MW』ローンチ時間が公開!日本では25日午前10時から

  6. 今後のSteam大型セールの実施日を非公式データベースサイトが報告―ハロウィンセールは近日開催か

  7. PC版『レッド・デッド・リデンプション2』コンソール版との比較検証動画が公開ー影の描写やテキスチャーが向上

  8. Epic GamesストアでPC版『ボーダーランズ3』デラックス・エディション/超デラックス・エディションのセールが実施中!

  9. 地獄ホラースピンオフ『SUCCUBUS』新ティーザー!『Agony UNRATED』には新コンテンツ配信

  10. 『Warframe』新規アップデート「古き血統」近日PC向けに公開―近接戦闘の刷新、新Warframe「Grendel」も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top