台湾でe-Sportsが公式スポーツ産業認可―「e-Sportsに然るべき地位が与えられるように」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

台湾でe-Sportsが公式スポーツ産業認可―「e-Sportsに然るべき地位が与えられるように」

ゲーム文化 e-Sports

台湾でe-Sportsが公式スポーツ産業認可―「e-Sportsに然るべき地位が与えられるように」
  • 台湾でe-Sportsが公式スポーツ産業認可―「e-Sportsに然るべき地位が与えられるように」
オリンピックでの種目採用の動きなど、注目が高まる“e-Sports”。そんな中、台湾では“e-Sports”を正式なスポーツ産業として認可することが決定した模様です。

台湾政府の公式ニュースサイトTaiwan Today日本語版によれば、この認可は同国の「運動産業発展条例」の改正によるもの。これにより、“e-Sports”産業とスポーツマネジメント産業が、新たにスポーツ産業として定義されるとのこと。条例の改正案を提出した同国の呉議員は、“e-Sports”がスポーツ産業として定義されることによって“e-Sports”に然るべき地位が与えられ、台湾代表選手として国際競技に出場する道が開ける他、優れた才能を持った“e-Sports”選手が不当な扱いを受けることなくその才能を評価される可能性があることを、この認可の目的として説明しています。

また、同じく改正案を提出した鄭議員も、“e-Sports”の正式スポーツ化は、PC、パーツ、“e-Sports”中継など関連産業の大きな発展に寄与するものと見ています。

なお、この条例の改正では、各自治体及び公営事業が、国のスポーツ政策やスポーツ産業発展計画に基づいて投資を行えるようになるため、今後、国によって投資が行われる“e-Sports”チームの誕生の可能性もあります。

海の向こう、台湾で大きな進展を見せた“e-Sports”の地位改善。アジアや欧米ではプロゲーマーの存在が広く認められてきている昨今ですが、日本で“e-Sports”が正式なスポーツ産業として人々により広範に受け入れられる日も、いつかやってくるかもしれません。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 22 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』ドラマシリーズ放映は2020年、全8話予定に

    『ウィッチャー』ドラマシリーズ放映は2020年、全8話予定に

  2. shroudが「Cloud9」離脱―『CS:GO』競技シーンから正式にリタイア

    shroudが「Cloud9」離脱―『CS:GO』競技シーンから正式にリタイア

  3. 『DOOM』再び映画化か、女優Nina Bergmanがユニバーサルとの契約を伝える

    『DOOM』再び映画化か、女優Nina Bergmanがユニバーサルとの契約を伝える

  4. PC自作シム『PC Building Simulator』が日本語対応!“RX Vega 56/64”も追加

  5. ケイン・コスギがTwitchで『LoL』配信をスタート!スポンサー登録で「パーフェクバァディ」が聞ける【UPDATE】

  6. 全米高等学校連盟が“e-Sports”を競技として採択―シュータータイトルは適応外

  7. カオスな探索RPG新作『KNUCKLE SANDWICH』のKickstarterが開始!

  8. NetEase、『荒野行動』訴訟問題に対してコメント―「サービス継続」を改めて明言

  9. 『ディビジョン』実写映画に「デッドプール2」デヴィッド・リーチ監督が参加へ―スティーヴン・ギャガンは降板か

  10. SFゲームの世界?米陸軍研究所で「壁越しに人物を特定できる」新技術が開発中、サーモグラフィーで政府要人の確認も可能か

アクセスランキングをもっと見る

page top