古式ゆかしい硬派シム『鉄道運転士VR』Steamで正式リリース、無料デモ版も配信中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

古式ゆかしい硬派シム『鉄道運転士VR』Steamで正式リリース、無料デモ版も配信中

ゲーム機 VR

古式ゆかしい硬派シム『鉄道運転士VR』Steamで正式リリース、無料デモ版も配信中
  • 古式ゆかしい硬派シム『鉄道運転士VR』Steamで正式リリース、無料デモ版も配信中
  • 古式ゆかしい硬派シム『鉄道運転士VR』Steamで正式リリース、無料デモ版も配信中
YouTube:https://youtu.be/MHg0X8kM6m8(映像は4月公開のもの)

CRAVA,Inc.は古式ゆかしいVR鉄道シミュレーションゲーム『鉄道運転士VR』をSteamで配信しました。併せて、無料デモ版もリリースされています。

今作は鉄道運転士として電車を操縦する硬派なシミュレーションゲーム。VRヘッドセットで運転席を眺め、マスコンハンドルとブレーキレバーを操る本格的なシステムを特色としています。走行中には「35km/h以下に落とせ」「信号到達までに停車!」といったアクシデントも発生し、プレイヤーはミスなく「駅のホームでの停車」を遂行すべく運転士としての仕事を務めます。

古き良き操縦方法で「鉄道ゲーム本来の“楽しさ”」を感じられるという『鉄道運転士VR』はWindows 10専用で、1,220円で販売中。プレイにはHTC Viveを必須としています。詳細なスペック要件やデモ版のダウンロードリンクはSteamからご覧ください。
《キーボード打海》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 『カスタムオーダーメイド3D2』にVTuber実現機能「バーチャルアバタースタジオ」追加!―ただし現時点では18歳未満は利用禁止・収益化も不可

    『カスタムオーダーメイド3D2』にVTuber実現機能「バーチャルアバタースタジオ」追加!―ただし現時点では18歳未満は利用禁止・収益化も不可

  2. VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画

    VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画

  3. 『P.T.』をUnityで再現した『PuniTy』PC向けに無料配信中、開発風景に迫るイメージも

    『P.T.』をUnityで再現した『PuniTy』PC向けに無料配信中、開発風景に迫るイメージも

  4. ビジネス向け「Oculus Go」バンドルが発売開始ー64GB版が商用ライセンス等付属で299ドル

  5. Unityエディターが日本語対応へ!プレビュー版も配信中

  6. e-Sports仕様なPS4コン「レボリューション プロ コントローラー2」発売決定―SIE公式ライセンス

  7. 「NEOGEO mini」周辺機器をチェック! 専用コントローラーや本体に貼るステッカーなどが同日発売─早くも売り切れ続出

  8. NIPが開発に携わる「Xtrfy」のゲーミングマウスが国内販売開始

  9. ハードウェアメーカー「Mad Catz」が復活へ―経営陣刷新、新製品も発表予定

  10. 『SEGA Mega Drive & Genesis Classics』にVR対応アップデート!オンラインマルチも実装に

アクセスランキングをもっと見る

page top