『STAR WARS バトルフロント II』キャラアンロックのクレジットを75%減少―大きな議論受け | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『STAR WARS バトルフロント II』キャラアンロックのクレジットを75%減少―大きな議論受け

エレクトロニック・アーツの人気シューター『STAR WARS バトルフロント II』。同作において、新たなキャラクターを使用可能とするまでのゲーム内通貨量が大幅に削減となるアップデートが行われています。

家庭用ゲーム PS4
『STAR WARS バトルフロント II』キャラアンロックのクレジットを75%減少―大きな議論受け
  • 『STAR WARS バトルフロント II』キャラアンロックのクレジットを75%減少―大きな議論受け
エレクトロニック・アーツの人気シューター『STAR WARS バトルフロント II』。同作において、新たなキャラクターを使用可能とするまでのゲーム内通貨量が大幅に削減となるアップデートが行われています。

これは、海外掲示板などでユーザー間に、同作における未課金での、一部人気キャラクターアンロックまでのプレイ時間について大幅な議論が巻き起こっていたことを受けたもの。対応により、ルーク・スカイウォーカーやダースベイダーは15,000クレジットで開放可能(レイアやパルパティーンなどは10,000)となり、以前の40時間で1キャラ開放、といったペースから、様々なボーナスも有効に使うことで、以前と比べれば非常に短い時間でキャラが開放できるようになっています。

この対応についてEA DICEの同作プロデューサー、John Wasilczyk氏は、 「ヒーローのアンロックは、ゲームをプレイする中で非常に大きな達成要素であり、私たちはその達成をプレイヤーの皆さんに喜んでもらいたいと考えてきました」としながらも、「トライアルの状況から判断して、この設定であればアンロックの達成感を維持しつつ、すべてのプレイヤーで受け入れ可能な内容になる」として今回の新たなアンロック数値を設定したとコメント。しかしながら、それでも該当キャラクターの数時間単位でのプレイを要する他、同作には他にも多くのアンロック要素が含まれており、まだしばらく、同様の議論が巻き起こる可能性も残っています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  3. 『レインボーシックス シージ』“Clash”再び使用不可に……―新たなグリッチのため

    『レインボーシックス シージ』“Clash”再び使用不可に……―新たなグリッチのため

  4. 高評価サイバーパンクACT『RUINER』のニンテンドースイッチ版がまもなく登場!

  5. ニンテンドースイッチLiteの新色「コーラル」が3月20日発売決定!3月7日より予約受付スタート─春にぴったりなピンク色

  6. 『侍道外伝 KATANAKAMI』シリーズお馴染みの「先生」も登場決定!謎のフロアや新キャラクターなど、発売開始に伴い新情報が一挙公開

  7. 一人でも友達とでも遊べるハクスラARPG『ウォーハンマー:Chaosbane』PS4版プレイレポート

  8. サバイバルホラーACT『デイメア:1998』日本語版がPS4/PC向けに発売!限られた弾薬で恐怖と向き合え

  9. 『フォートナイト』自分だけの島はどうやって作る?新モード「クリエイティブ」プレイガイド!【特集】

  10. デッドプールも登場!『フォートナイト』チャプター2―シーズン2がついに開始ースパイたちに占領された島の運命はあなたの手に

アクセスランキングをもっと見る

page top