Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」

欧米において大きな議論を巻き起こしているゲームの“ルートボックス”。その存在について、『Grand Theft Auto V』など多数のAAAタイトルで知られるパブリッシャーのTake-Two Interactiveの会長、Karl Slatoff氏が発言を行っています。

ニュース ゲーム業界
Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」
  • Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」
欧米において大きな議論を巻き起こしているゲームの“ルートボックス”。その存在について、『Grand Theft Auto V』など多数のAAAタイトルで知られるパブリッシャーのTake-Two Interactiveの会長、Karl Slatoff氏が発言を行っています。

海外メディアGame Informerによれば、Slatoff氏はクレディスイス第21回メディア・テレコムカンファレンスを通し、“ルートボックス”はギャンブルではないと主張しながら、米国ゲーム団体ESA(Entertainment Software Association)とほぼ同じで見解であると述べたということです。

Slatoff氏は消費者の間で広がる“ルートボックス”の評判を認めながらも、自身にとってそれは「コンテンツ内容についての評判」であり、「過剰に提供している(ルートボックス関連の)コンテンツ」が焦点であるとしました。

また、氏は、「企業はユーザーに何かを買うことを強制させることはできない」と感じているものの、「エンゲージメントを促進するための最高の経験を生み出す、最善の努力を行うことはでき、エンゲージメントを通じて、エンターテインメントフランチャイズの価値を創造する事が可能である」と話しました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Steam2020年1月上位売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数

    Steam2020年1月上位売上上位発表―大半が日本・アジア産作品に!日本向け展開ありも多数

  2. 『EVE Online』スピンオフシューター『Project Nova』の開発が正式にキャンセル―新たなSFマルチプレイシューターを開発中

    『EVE Online』スピンオフシューター『Project Nova』の開発が正式にキャンセル―新たなSFマルチプレイシューターを開発中

  3. 「2020 SXSW Gaming Awards」ノミネート作品発表!『デススト』『CONTROL』が7部門で選出

    「2020 SXSW Gaming Awards」ノミネート作品発表!『デススト』『CONTROL』が7部門で選出

  4. スイッチ/PS4両使用者が対象の満足度リサーチが実施―105名が10点満点形式で両ハードを評価

  5. Paradox Interactive、2019年度決算を発表―2020年は『Crusader Kings III』『Empire of Sin』などのタイトルがリリースされる重要な年になるとCEOのコメントも

  6. 『Dreams Universe』で『Fallout 4』を再現!9か月の製作期間を経て

  7. 「スイッチ あつまれ どうぶつの森セット」新たな予約開始日が3月7日に決定!「キャリングケース」も同日より予約スタート

  8. Naughty Dogが豪山火事支援のため『The Last of Us』特別番組を配信―ゲストにエリー役のアシュレー・ジョンソン

  9. 『ディシディア ファイナルファンタジー NT』「アーデン・イズニア」が参戦!キャラクター性能調整などのアップデートを実施

  10. 『ディシディア ファイナルファンタジー NT』ティファ収録DLCが販売開始!『FFXIV』ゼノスの新DLCも

アクセスランキングをもっと見る

page top