『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】

2016年の夏に『Final Fantasy XV』に強く影響を受けている作品ということで話題になった、中国人ゲーム開発者Yang Bing氏によるアクションゲーム『Lost Soul Aside』が、PlayStation Experience 2017にて初のプレイアブル展示となりました。

家庭用ゲーム PS4
『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】
  • 『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】
  • 『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】
  • 『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】
  • 『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】
  • 『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】
  • 『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】
  • 『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】
  • 『FFXV』にそっくりだけどゲーム性は全然違う?PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ【PSX 17】

2016年の夏に『Final Fantasy XV』に強く影響を受けている作品ということで話題になった、中国人ゲーム開発者Yang Bing氏によるアクションゲーム『Lost Soul Aside』が、PlayStation Experience 2017にて初のプレイアブル展示となりました。良くも悪くも話題を呼んだ本作がどんなゲームに仕上がりつつあるのか、実際にプレイしてきました。

本作の主人公である“KAZER”が『FFXV』の主人公ノクティスにそっくりなのは開発者自身も認めているところ。もともと、個人で開発を行っていたゲームとのことで、好きなゲームの影響が色濃くでてしまったのかもしれません。では、ゲームの中身はいったいどのように仕上がっているのでしょうか。既出のトレーラーなどでは、これまた『FFXV』のシフトに似た回避行動によるアクションが展開していましたが...。


まず、実際にプレイして気づく『FFXV』との相違点は、本作が純粋なアクションゲームであるということ。試遊デモは、荒野のような広いフィールド(これも『FFXV』の序盤そっくり)に出現する敵を撃破していくというもの。出現する敵は段階的に強くなっており、最終的に大型モンスターのボスが登場するという流れで、操作のチュートリアルとしても段階を踏んでいくので理解しやすいデモとなっていました。


『Lost Soul Aside』のアクションのコア部分は、言ってしまえば『Devil May Cry』。□での通常攻撃や△で敵を上空に切り上げてのコンボ攻撃などは、まさにといった感じ。しかし、□と×ボタン同時押しによる(瞬間移動的な)回避や△と○ボタン同時押しによる必殺技といったボタンレイアウトは非常に操作しやすく、アクションゲームとしての感触もしっかりとしています。また、敵モンスターを倒したときに血しぶきが広がる演出にはぎょっとさせられます。


しかし、他のゲームから影響を受けたであろうシステムも、攻略の難易度を上げることで、まったく異なるゲーム性となってました。プレイヤーキャラはスタイリッシュに動けますが、1度に数体現れる敵もかなり機敏に動き、また固いため、常に敵の攻撃を回避しつつ隙をみて攻撃を叩き込まなければいけません。敵の属性によっては、アクションが異なる剣・大剣・ダブルブレードの3種類の武器を切り替えながら戦う必要もでてきます。


そしてデモ終盤となる、大型モンスターとのボス戦は非常に歯ごたえがあり驚かされました。ボスは巨大ながらも俊敏に動きますが、動きをちゃんと見切りさえすれば隙ができたときに攻撃できるという、いわば『モンハン』や『ダークソウル』に近いフィーリングのアクションに仕上がっています。回避はスタミナ制なので、うまくスタミナを管理しつつ、スタイリッシュに巨大モンスターに攻撃を叩きこむ感覚はなかなか気持ちが良いです。

10分程度の短い体験でしたが、本作のしっかりとしたゲームシステムを知るには十分な時間。人気作品にインスパイアされる部分は多分にありながら、それらの作品の魅力を研究し、またそれぞれの良さを組み合わせることで新しいゲームが生まれるということを思い知らせてくれるデモでした。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」?

    『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」?

  2. 『フォートナイト』v7.40コンテンツアップデートがまもなく登場―新アイテム販売も開始に

    『フォートナイト』v7.40コンテンツアップデートがまもなく登場―新アイテム販売も開始に

  3. 『フォートナイト』新アイテム「ドリフトボード」近日正式に実装!期間限定で登場予定

    『フォートナイト』新アイテム「ドリフトボード」近日正式に実装!期間限定で登場予定

  4. 『レインボーシックス シージ』Hibanaのエリートセット紹介映像―見事な弓道着姿を披露

  5. 『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』超巨大怪獣「ラズニード」登場!オンライン対戦モードの新情報も

  6. 『デモンエクスマキナ』プロトタイプオーダーズは“浮遊感”が楽しい!装備集め&換装にもついついハマって再プレイ【プレイレポ】

  7. 『バトルフィールドV』「電撃の洗礼」アップデート3間もなく配信!Co-op「コンバインド・アームズ」が登場

  8. 『Fallout 76』まもなく配信予定のパッチ6で収納箱の容量が800へ増加―内容が一部公開

  9. 『Anthem』発売後のアップデートに関する詳細が海外公開ーイベント追加やソーシャル関係の更新を予定

  10. 『フォートナイト』地震によってトマト・テンプル周辺に謎の地割れが発生ーシーズン8への布石か

アクセスランキングをもっと見る

page top