VR対戦型シューター『Firewall Zero Hour』プレイレポ―究極のゴッコ遊びを堪能【PSX17】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

VR対戦型シューター『Firewall Zero Hour』プレイレポ―究極のゴッコ遊びを堪能【PSX17】

米アナハイムにて開催された「PlayStation Experience 2017」に合わせ発表された、4vs4のチームベースマルチ対戦VRシューター『Firewall Zero Hour』をPSX会場で体験してきました。

家庭用ゲーム PS4
VR対戦型シューター『Firewall Zero Hour』プレイレポ―究極のゴッコ遊びを堪能【PSX17】
  • VR対戦型シューター『Firewall Zero Hour』プレイレポ―究極のゴッコ遊びを堪能【PSX17】
  • VR対戦型シューター『Firewall Zero Hour』プレイレポ―究極のゴッコ遊びを堪能【PSX17】

米アナハイムにて開催された「PlayStation Experience 2017」にて発表された、4vs4のチームベースマルチ対戦VRシューター『Firewall Zero Hour』。PS VR初の対戦型タクティカルFPSがどのような仕上がりになっているのか、PSX会場で体験してきました。

今回のデモ版では、4人チーム対CPUという構成でのスタート。PSVRとヘッドフォンを頭に取り付け、操作はPlayStationVR シューティングコントローラーで行います。DUALSHOCK4での操作も可能ですが、没入感に大きな差が生まれそうです。

ゲーム内容は、言ってしまえば小規模の『カウンターストライク』で、対テロ部隊とテロリストに分かれて4対4の対戦を行います。マップはさほど広くなく、今回体験したデモ版では1つの建物とその周辺での戦闘でした。建物は現実に即した構造となっておりそこそこ入り組んでいます。物陰から敵が出てこないか常に注意を払う必要があるのも、『カウンターストライク』と同じです。


このゲームの醍醐味は、シューティングコントローラーを使うことによる「なりきり」の部分にあると思います。仲間と無線(ボイスチャット)で状況を共有しつつ、連携してテロリストを排除していくのは、まるで海外ドラマの登場人物になったかのようです。今回のデモは立った状態でプレイしたのですが、それが「なりきり」感に拍車をかけてくれます。

視点変更は一般的なVRゲームと同じく切り替え式で酔いづらい配慮がされています。しかし、こういったゲームの場合、索敵を行うために常に周囲を見回しているので、切り替え式と言えどかなり早い段階で酔ってしまいました。これは個人差があるとは思いますが、同様のジャンルのVRゲームの課題になっていくのではないでしょか。

全体的な体験としては非常にうまくまとまっており、自宅でできるリアルなサバゲ―ツールとして重宝されそうです。今回のデモでは対CPUのみでしたが、4対4の対人になるとさらにプレイに深みが生まれそうです。

『Firewall Zero Hour』は発売時期など詳細は発表されておらず、続報が待たれます。
《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 権利問題抱える『Friday the 13th: The Game』パブリッシャーが今後の展開について報告

    権利問題抱える『Friday the 13th: The Game』パブリッシャーが今後の展開について報告

  2. 『Dead by Daylight』ゲームバランス等の各種データを調整するチャプター間アップデートが配信!

    『Dead by Daylight』ゲームバランス等の各種データを調整するチャプター間アップデートが配信!

  3. 『フォーオナー』拡張パック「Marching Fire」配信開始!新たにPvEのCo-opモード実装

    『フォーオナー』拡張パック「Marching Fire」配信開始!新たにPvEのCo-opモード実装

  4. キックスケーターで世界を塗り替えろ!新作スポーツACT『Crayola Scoot』海外発売

  5. 『Marvel's Spider-Man』DLC「黒猫の獲物」にて追加される3種のスーツが公開!

  6. 『PUBG』ハロウィンコンテンツ到来か?ホラー映画風味な新ティーザー映像公開!

  7. 本格中世RPG『Kingdom Come』新DLC「The Amorous Adventures of Bold Sir Hans Capon」配信!

  8. 『Fallout 76』国内でのB.E.T.A.実施要項が決定! オンラインストアとAmazon.co.jpでの予約購入者が対象

  9. 『フォートナイト』開発元、海外YouTuberを提訴―チート紹介・販売のため

  10. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top